UMD Passportへの懸念





きまぐれblogで、takka氏がUMD Passportを調査した途中経過としてPSNのサーバーにUMDの物理IDを送信しているとの情報を掲載していました。

理論的にUMDごとにユニークなIDが存在しないとUMD Passportは成立しないため当然そういった類いのデータが存在するはずですが、それがUMDごとの物理IDだとtakka氏の調査で確認されたことになります。

メディアの内側にあると思われるデータをUMDドライブで読み込めるようにしたのかと思っていましたが、それなら物理IDが検出できない場合ゲームが起動しないロジックを組んでしまえばPSPでのISOバックアップ起動を封印することも容易なはず…いや、ファームウェアを改変されたらその対策も意味がないかもしれません。

調査が進むのは良いのですが、結果として不正にUMD Passportへ登録できるようになってしまったり、正規のUMDディスク所有者が登録できない自体に陥ったりする可能性もあります。

UMD Passportは、UMD版タイトルを所有するユーザーが主にPS Vitaでそのタイトルをプレイできるよう同じタイトルのダウンロード版を安価に提供しようというソニーのサービスです。同じタイトルの2度買いはユーザーに取っては単なる負担増ですのでUMD Passportはユーザーにとっては非常に大切なサービスです。

本来はUMD Passportで所有するUMDと同タイトルのPSN版を無料でダウンロードできるようにするべきだと思いますが、もし無料だったとしたら世界中の悪意のある連中が「違法な手段により正規品扱いになる純正海賊版タイトル」入手のために血眼になったことでしょう。

実際には無料ではないので悪意のある連中は血眼になっていませんが、もし今後UMD Passportを悪用し所有していないUMDまで登録できるようになってしまうと、最悪の想定される事態はUMD Passportのサービス中止です。

そうならないことを願って止みません。所有してもいないUMDをUMD Passportに登録できてしまうようなツールが登場しないことも。

Tags: ,

Reply

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です