携帯ゲーム機の凋落 PlayStation Vitaが最後の世代





Forbesで、モバイル系のハードウェアやソフトウェア、ゲーム関連の記事を担当するTero Kuittinen氏がPlatStation Vitaが売れないのは携帯ゲーム機市場への警告だとの意見を掲載していました。Forbesの記事は年末に書かれたものですが、年が明けた現在も状況は変わっていません。PS Vitaを2万円以下に値下げせざるを得ない状況とまで書かれています。

Sony in Big Trouble with PS Vita
ソニーがPS Vitaで抱える大きな問題

During its first week on sale in Japan, PS Vita sold 320 K units. The sales period tracked was just two days, so hopeful fans thought that perhaps the first full week would bring good news.
日本でのPlayStation Vitaの初週販売台数は32万台だった。販売期間がわずか2日間での数字だったので、ファンとしては一週間フルに販売されたら更に凄い数字になるだろうと当然期待を寄せるところだ。

But the second week brought devastation – just 72 K units sold. When Nintendo launched its latest handheld, the sales of the 3DS declined from 370 K to 210K over the first two weeks. That drop-off led to a steep further sales erosion, which forced Nintendo to implement an unusually early and steep price cut. This cut combined with the launches of big franchises like Monster Hunter, Super Mario Land and Mario Kart turned the fortunes of the 3DS around in Japan. The 3DS has now sold more than 4 Million units in Japan and in the past week it crushed Sony‘s more advanced PS Vita by 484 K vs. 72 K in unit sales.
しかし、翌週は壊滅的な結果が示された – わずか7万2千台だったのだ。任天堂が最新型携帯ゲーム機ニンテンドー3DSを発売した時には初週と2週目では32万台から21万台に落込んだ。その販売の急落は結果的に一般的には考えられない発売初期段階での大幅値下げに繋がることとなった。この値下げに加え『モンスターハンター3』『スーパーマリオ 3Dランド』『マリオカート7』といったビックタイトルとの相乗効果が生まれ、今や3DSは日本で400万台を突破し、ソニーのPS Vitaとの直接対決でも同一週でPS Vitaの先の7万2千台に対し3DSの48万2千台という圧倒的な差が生まれた。
注)原文は3DSが48万4千台になっていますが、メディアクリエイト発表の2011年12月19日〜12月25日の販売台数は下記の用になっていますので数字は修正してあります。

機種 販売台数
3DS 482,200
PSP 101,121
Wii 91,176
PS3 75,943
Vita 72,479
DSi LL 8,470
DSi 5,894
Xbox 360 4,245
PS2 1,582
DS Lite 32

Sony will likely be forced to cut the price of the PS Vita from 24’000 yen to well below 20’000 yen very soon. The upcoming US launch could be a true debacle for several reasons. Sony has decided to price Vita at $250, higher than the Amazon Kindle Fire. The hottest games like the latest Uncharted are priced at $50, while many other major titles are $40. The pricing seems delusional in light of the Japanese response to the PS Vita. The older PSP handheld console has been a bigger hit in Japan than it has been in the US market. The tablet and iPhone market penetration rates in America are higher than in Japan – consumers may well be more reluctant to splurge on expensive, proprietary handheld consoles. The launch of the Kindle Fire at $200 has changed the US consumer electronics pricing environment.
ソニーはPS Vitaをどうやら早々に24,000円台から20,000円以下に値下げせざるを得ないようだ。きたるべき米国での発売時にはいくつかの理由で完敗する可能性がでてきている。まず、ソニーはVitaの価格を250ドルに設定したが、それはAmazonのKindle Fireより高価なものになってしまっている。『アンチャーテッド』のような最も人気のあるタイトルでも価格は50ドルで、他のメジャータイトルが40ドルであるのが殆どである中、高価な印象は否めない。PS Vitaの日本での反応を見る限り価格設定が適切だったとは言えないようだ。1世代前の携帯ゲーム機PSPはアメリカ市場よりも日本市場でより大きな成功を収めている。一方でタブレット端末やiPhoneの浸透率は日本よりもアメリカの方が高い。消費者は高額商品を抵抗なく受け入れている訳ではないといえる。200ドルのKindle Fire発売がアメリカの電気製品価格の消費者環境を変えてしまったのである。

I believe Japan could well be the last stronghold of portable game consoles. Even though the 3DS stumbled badly during its early months, Nintendo revived the console with a steep price cut and nearly simultaneous launches of three major franchises near the end of the year. The 3DS should have been a surefire blockbuster in its domestic market – the summer softness in Japan may have been an early warning sign of the coming global portable market malaise. The disastrous second week of the PS Vita is the second sign. Sony clearly had some anxiety about the Vita’s launch – it built it massive early support via an extensive line of launch titles. Despite the fact that Sony’s PSP has been a big hit in Japan, the PS Vita is foundering badly out of the gate – the ancient and heavily discounted PSP outsold the brand new Vita by 40% during the Christmas week. Much is now riding on the Vita debut in the US market in February.
日本は携帯ゲーム機が受け入れられる最後の砦になるであろう。3DSは発売当初躓いたか、任天堂は常識外れの値下げと共に年末に三大メジャータイトルを絶え間なく投入する事で見事に復活を果たした。3DSは国内マーケットで大ヒットが約束された状態だったはずだ。日本での夏場の停滞状態はグローバル携帯機市場に対する最初の警告だったといえる。そしてPS Vitaの2週目の悲惨な状況は2度目の警告だ。ソニーはVita発売にあたり明らかに不安を抱えていたのは間違いない。そのために同時発売タイトルのラインナップを幅広く手厚くしたのである。ソニーのPSPは日本では大ヒットであったにもかかわらずPS Vitaはスタートから暗雲が立ちこめてきている。旧型となり値段の安いPSPの方が最新のVitaよりクリスマスの週に4割以上も売れていた事実がそれを物語っている。2月に発売されるアメリカ市場でも同じことが起こる可能性がある。

I argued last week that PS Vita could mark the end of the era of portable game consoles. There is no doubt that Nintendo’s 3DS is going to sell at least 30 Million units globally over the next couple of years. But the portable console market may now have entered an age of permanent, slowly accelerating decline.The true test of the industry is the United States, where consumers are embracing games designed for smartphones and tablets. The possible shrinking of the portable game consumer base would hit the runner-up Sony before Nintendo really gets mauled. The rot sets in first at the periphery.
PS Vitaは携帯ゲーム機の最後の世代になるかも知れない。ニンテンドー3DSは今後数年間で少なくとも3000万台は売れるだろう。しかし携帯ゲーム機の市場は成熟しきり、今後はゆっくりと下降線を描くはずだ。そして本当の試練はスマートフォンやタブレット向けのゲームが受け入れられているアメリカ市場にあると言える。携帯ゲーム機市場の縮小は、任天堂が打撃を受けるよりも先にソニーが影響を受けるかもしれない。凋落は外周から先にはじまるのである。

Sony has approached the PS Vita launch in America with arrogance, pricing the console and games high while opting to debut the device during the slow retail month of February. Mobile app sales more than doubled during the Christmas of 2011 – solid triple digit volume growth. In the meanwhile, even in the Japanese heartland of video games, video game software unit sales are set to decline by double digits in 2011.
ソニーはアメリカでのPS Vita発売に当たり本体とゲームに強気の値付け設定で商戦期ではない2月発売で消費者にアプローチしようとしている。2011年のクリスマス商戦でのモバイルアプリのセールスは通常の2倍で、三桁の成長率だ。一方で2011年の日本市場のビデオゲーム販売は下降線を描いている。

Mobile games have traditionally been simple and often very childish – yet slowly but surely, deeper and more sophisticated games are arriving, chipping at the depth advantage long held by the games designed for portable consoles. The majority of consumers are not interested in the 30 to 60-hour epics dominating game charts. The fickle casual gamers have started their grand migration from portable consoles to smartphones and tablets. 2012 could well be the first year when we see the shape of this transition. Early warning signs arrived in 2011.
携帯ゲームというのは伝統的にシンプルなものが多く、時にはかなり幼稚だといえるものが少なくない。しかしゆっくりだが確実に、より掘り下げられ洗練されたゲームが増えつつあるのも事実だ。それはつまり携帯ゲーム機向けに開発され長く愛され続けるタイトルのことだ。しかし消費者の多くはゲーム販売チャートを賑わすプレイに30時間から60時間もかかるような大作には興味を示さず、気移りしやすいカジュアルゲーマー層は携帯ゲーム機からスマートフォンやタブレットに移行を始めてしまっている。2011年にもその傾向は出ていたが、2012年はおそらくそれが最も顕著に現れる最初の年になるだろう。

少なくとも3DSに倣って値下げの必要性を述べていますが、SCEはPSP goで一度同じような値下げに踏み切ったものの販売は上向かずそのまま販売中止に追い込まれました。もっともPSP goに関しては最初から真面目に売る気はなかったようなそぶりをSCEはしていますがPS Vitaでそれは許されません。

playfrontによると、既に一部の販売店では値下げして販売されているケースもあるようです。3DSでは考えられない、つまり人気モデルであればあり得ない話ですが現実に3G/Wi-Fiモデルが24,999円で販売されているようです。

Vita-price-cut

もしかすると広告の品的な客寄せ商品なのかもしれませんが、写真を見る限り販売期間が異様に長いのでSCEJが販売奨励金を出して値下げした場合の市場調査を行っているのではないかと疑ってしまいます。

値下げイコール販売上向きではありませんし、3DSもモンハンやマリオシリーズが出なければここまでの人気回復は見込めませんでしたので人気回復の鍵は悲しいことですが新機軸の新作ではなく既存の人気タイトルの続編です。

PlayStationシリーズの場合状況を一変させる人気タイトルの続編と言えば『モンスターハンター』しかありませんが、日経トレンディが業界関係者の話として「(モンハンが)今年確実に出るだろう」と伝えているようです。

Nikkei-Trendy-MHV

一方でこれからが絶頂期の3DSも今年軽量バージョン「3DSLite」を登場させるのではないかとの情報があるようです。

Nikkei-Trendy-3DS

メーカーとして様々な手を打ってはいますが、Tero Kuittinen氏が述べているように時代はカジュアルゲーム、スマートフォン/タブレットへと移り変わってきています。ソニーはXperia Play(PlayStation Suite)で来るべき時代に備える準備はしていますが、普段使いの携帯電話の延長にあるゲームと、専用機と高額なゲームを購入しなければならない現在の携帯ゲーム機が「最後の世代」となるのは確かにあり得る話です。

Tags:

  1. ドカンくん’s avatar

    日経の記事はただの編集部の予測だそうですよ…。

  2. Matyapiro’s avatar

    今はまだsome1さんとかがもっていませんから、
    それまでは3DSで。
    IRC chatでいろいろとneimodさん
    とかから情報が。
    #3dsdev
    このチャンネルで。

Reply

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です