【追記あり】PlayStation 3のシステムソフトウェア バージョン4.00





SCEJが、PlayStation 3のシステムソフトウェア バージョン4.00をリリースしていました。

突然リリースされたPS3ファームウェアのメジャーアップデートですが、いつもの「一部のPlayStation3規格ソフトウェアにおいて、動作品質を改善しました。」がないのでPS Vita発売に伴う連携機能のための更新のようです。隠れて何かがあるかもしれませんが。

■ バージョン4.00で更新される主な機能

PlayStation Vita対応
音楽、ビデオや画像などのコンテンツや、ゲームなどのアプリケーションを、PS3とPS Vitaの間でコピーすることができます。
PS VitaのデータをPS3にバックアップすることもできます。
また、PS3のネットワーク機能を使って、PS Vitaのシステムアップデートができます。

PS3とPS VitaをUSBケーブルで接続して、操作はPS Vitaから行います。

設定
[本体設定]に[PS Vitaバックアップファイルの削除]を追加しました。

ゲーム
[PS Vitaアプリケーション管理]を追加しました。

■ バージョン4.00で更新されるその他の機能

設定
Blu-ray Disc(BDMV)の再生において、アップコンバート出力とシネマ変換に対応しました。

[本体設定]>[自動アップデート]でアップデートする項目を選択できるようになりました。
この機能を使うには、PlayStation Plusへの加入が必要です。

PlayStation Network
[アカウント管理]に[プライバシー設定]を追加しました。

文面から判断すると、単なる機能アップのようですね。

[追記]
Just Push Startで、PS3のシステムソフトウェア バージョン4.00の隠し機能についての情報を掲載していました。公式に書いてあるものも混じっていますが。

– PS Vitaシステムのバックアップファイル削除
PS3でPS Vitaのデータバックアップが可能だが、システム設定からバックアップデータを削除することも可能。

– XMBにPlayStation Plusアイコン表示
XMBからPlayStation StoreのPlayStation Plusへ簡単にアクセス可能

– プライバシー設定の追加
面識のないユーザーからのフレンドリクエストやフレンドメッセージを受け取るかどうかの設定が可能。設定はPS Vitaのプロファイルにも反映される。

– PS Vitaシステムアプリケーションユーティリティ
ゲームメニューにあるXMBのフォルダへストアから購入したPS Vitaのアプリケーションを保存可能

– 起動画面に健康に関する警告
PS3ロゴの後にてんかん持ちのユーザーへの警告画面表示

– PS Vitaのリモートプレイ設定
リモートプレイ設定からアクセス可能

– イギリス英語サポート
メニューからイギリス英語オプションが選択可能

Tags:

Reply

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です