マイクロソフトが密かにDAE.bin更新でコピー起動対策実施 Liveに繋いだ時にはもう遅い





Xbox-sceneで、Xbox Liveでの現行のパブリック版ダッシュボート2.0.13604.0でひそかにXbox LiveのDAE.binというファイルが更新されていたことを伝えていました。

DAE.binの更新によりXGD3フォーマットのディスクで使われているコピー起動対策AP25はパッチがしてあってものバックアップ起動に失敗するそうです。そのためXbox Liveで使用する場合はオリジナルディスクを使用するよう求めています。

このアップデートはシステムアップデートやタイトルアップデートにより提供されるものではなく、Xbox Liveに接続すると勝手にバックグラウンドで更新されるようです。

C4Eva氏によると、この24時間以内にLive接続したXbox 360はDAE.binがまず間違いなく更新されてしまっているだろうとしています。またDAE.binは個々のXbox毎に固有の情報を含む形にってしまっているため、他のXbox本体のDAE.binを共有しないよう注意も呼びかけています。

JailbreakSceneによると、DAE.binの更新により実際に『Modern Warfare 3』、『Skyrim』、『NBA 2K12』などのバックアップディスクが起動しなくなっているようです。

Tags: , , ,

Reply

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です