PS Vitaに外付けバッテリー バッテリーライフ倍増か





IGNで、SCEワールドワイド・スタジオ社長の吉田修平氏がPS Vitaのオプションとして外付けバッテリーを開発していることを明かしたことを伝えていました。

PS Vitaのバッテリー持続時間はゲームプレイの場合約3~5時間と発表されています。3Gモデルで外出中に3時間となるとバッテリーライフが心もとないのは事実です。
新幹線で東京から大阪へ移動中にPS Vitaをプレイするとバッテリーはほぼ空になります。

荷物は増えますが、外付けバッテリーはモバイル環境でPS Vitaをプレイしたいゲーマーには朗報です。
この吉田氏の発言はIGNのインタビューの中で出たものです。

「PS Vitaの周辺機器のひとつとして外付けバッテリーを発売します。PS Vitaに繋げてバッテリーライフを延長するものです。ニューヨークからサンフランシスコへ飛行機で移動するとか、逆でも大丈夫ですが、外付けバッテリーがあれば容量気にしなくても良くなりますよ。」

ニューヨークとサンフランシスコの飛行機での所要時間を調べると、往復で時間が異なりますがニューヨーク→サンフランシスコが6時間半弱、サンフランシスコ→ニューヨークが5時間半強です。つまりはオプションの外付けバッテリーで7時間程度のバッテリー持続時間が得られることになります。
おおよそですが、標準バッテリーとおなじ程度の容量を持ち単純にバッテリーライフを倍にできるものだと考えられます。

気になるのは
「PS Vitaに繋げて使う」
というところで、おそらくPS Vitaのマルチユース端子に繋げて使うものになります。PS Vitaは背面にもセンサーがあるためVitaに抱かせて一体型にできるような外付けバッテリーにはなり得ません。ぶらぶらとぶら下がるとコネクターが外れますから座って膝にでも置くかテーブルに置くかしないと使えない外付けバッテリーを想像してしまいますが、モバイル環境で使いにくいバッテリーにはしてほしくないものです。

  1. るりるり’s avatar

    兎にも角にも、『良心的な価格で』お願いしたいものですね。

    調べてみると

    型番 PCH-ZPC1 J
    希望小売価格 未定
    発売日 2012年春発売予定
    仕様
    定格入力 5V/ 1.0A
    定格出力 5V / 1.5A (USB Type-A)
    電池容量 5,000mAh
    サイズ 縦70.0mm × 横67.0mm × 厚さ22mm
    重量 約145g

    とのことらしいんで、ドコモのポケットチャージャー02並ですね。(Qi次第ですが)
    内部セルは自社のを使いたいだろうし、(一部技術をライセンスしての)自社生産かも。
    …と思うんだけど、容量周りも含め同じなんだよね。三洋系と。
    ポケットチャージャー02のように三洋製のライセンス品かもね。
     ※DSLやDSiでスティックブースターがベースのがあるように…

    価格設定次第ではガチで他社のに流れるね。
    他者っつかパナや三洋の同クラス(5400mAhだけど)が4000円ほどで手に入るし。
    三洋OEMの同容量同スペックなポケットチャージャー02も控えてるし……(価格不明。01が1890円なので、3000円台中盤~後半もあり得る)

    5000円くらいには抑えておかないと、厳しいと思う。(保証面とか考えると…ね)
    ケーブル付きだと5000円台半ばまでかな。

    VITA本体の電池容量が2200mAhとPSP-1000の大容量並らしいんで、それの2回分くらいだね。(ロスとか考えると)
    ACアダプタで2時間40分の充電時間だとか、VITA。
    安定1Aは必須だね。(それでもやや力不足だろうけど)

Reply

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です