任天堂、TGS前に謎の会見設定





CVGで、任天堂が来月開催される東京ゲームショウの前にアナリストと投資家向けの会見を行うと伝えていました。

東京ゲームショウは2011年9月15日から18日まで開催されますが、今回の内容不明会見は2011年9月13日に設定されているようです。アナリストや投資家向けであり一般向けの会見ではありません。

気になるのは
3D機能劣化版ニンテンドー3DSがデュアルアナログスティック装備で2012年発売に向けて開発中?
でお伝えした3Dをトーンダウンした”ニンテンドー3DS”とは全く異なる名称のデュアルアナログスティック装備版の話です。任天堂自身は例によって噂や憶測の類いにはお答えできませんと回答しているようですが、噂が出た時にタイミング良く会見の話が出たため憶測を呼ぶ結果となりそうです。

個人的には東京ゲームショウを前に投資家向けに販売フル加速モードに入った3DSの話を伝えるか、Wii Uの内容を伝えるかのどちらかだと思ってます。
とりあえず本当に新型3D劣化版デュアルアナログ携帯機があるなら間違いなく発表の数日前に日経新聞がすっぱ抜きますので9月上旬は日経新聞に注目です。

  1. ドカンくん’s avatar

    以前言っていた「第二、第三の矢」についてかも知れませんよ。
    いずれにせよ何が発表されるか楽しみです。

  2. Matyapiro’s avatar

    日経ソフトウエアだと、
    第二回に
    PS Vitaの全貌(仮)があるだけで、任天堂の話題は一切なしでしたよ。

  3. Matyapiro’s avatar

    Gamegazはもうちょっと確実な話題だけにしたほうがいい。

  4. mamosuke’s avatar

    確実な話と言うか、基本は海外でのニュース+感想ですよ。

  5. mamosuke’s avatar

    投資家向けなので今後の方針だったり商品だったりでしょうね。7月にやったばかりです。

Reply

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です