ゲーム最新情報 2011年8月19日のニュース





●GameGazフォーラムで、SnyFbSx氏がPSPにホットキーを設定することで簡単に電源 OFFや再起動、スリープ、輝度変更など電源関係をコントロールするためのプラグインPSP Power Controller Ver.5.1.4をリリースしていました。

Ver5.1.4
:CPUクロック取得、変更ロジックの変更(ME、LMEの場合のみ)

●ツイッターで、SnyFbSx氏がPSPのセーブデータ操作をホットキー(SCREENボタン)を押すことで可能になるようプラグイン形式にしたSaveDataMgr alfa ver.0.8をリリースしていました。

v0.8
・GAME名の取得、再起動時の不具合を修正

●PS3NEWSで、SCEE R&DがPS Vitaの説明用に作成したPS Vitaの説明用に作成したPDFファイル(元はプレゼンテーション用パワーポイント系ファイル)が流出していたことを伝えていました。PDFファイルはダウンロードできますが、技術的な内容が書いてある訳ではなく、PS Vitaのネットワーク機能を使ってどんなことができるのかを説明してあります。

●PS3crunchで、JFW-DH Teamが開発中のPS3のファームウェア3.41をベースにしたカスタムファームウェアJFW-DHのベータテスターがJFW-DHのXMB上の”マルチメディア”カテゴリーでマルチメディア再生をしているデモ動画を公開したことを伝えていました。

●PS3NEWSで、RazorX氏がPS3のカスタムファームウェアで3.70へのバージョン偽装を行うためのPS3MFW Builder向けPS3 3.70 Spoof TCL Modをリリースしていました。ただし、これはCFW(3.55)でPSNへ繋ぐためのものではなく不用意に3.70へアップデートされないようにするためのものだそうです。その他にもRazorX氏はPS3のXMLファイルやRCOファイルの変更をするためのPS3MFW Builder向けのタスクファイルもリリースしたそうです。

●Rooted Systemで、ProgSkeetまたはTeensy++を使ったPS3 3.70からのダウングレード方法をまとめたチュートリアルを掲載していました。ただし、当然ProgSkeetまたはTeensy++を使用する時点でPS3分解とハンダ付けが必要ですのでチュートリアルに沿っていけば初心者でもダウングレード可能というような簡単な話ではありません。

●JailbreakSceneで、PS3の3.55ベースのCFW Rebug v3.55.2で要求ファームウェアが3.6Xのゲームを起動させている動画が公開されたことを伝えていました。何をしたのかを明かしていませんしFAKEの可能性もあるとは思いますが、動作を成功させたというKo0oKaA氏によると、3.60を要求するゲームはすべてRebug v3.55.2で動作可能だそうです。
httpv://www.youtube.com/watch?v=qmQqVjVgmJo
httpv://www.youtube.com/watch?v=mXR3-i-2NUM

●ツイッターで、neur0n氏がPSPのCFWやHENでXLink Kaiでのインターネット越しのアドホック通信をWindows PCのツールとの組み合わせで実行するためのプラグインAdhocToUSBv2_for_6xxをリリースしていました。

●ツイッターで、uf6667氏がPS3のNANDやNORフラッシュメモリーを読み出し/書き込みするためにPS3とのインターフェースとして利用するProgSkeetのFlasherソフトウェアProgSkeet_110819をリリースしたことを伝えていました。

●PSX-sceneで、adrianc氏がPS3のCellプロセッサーのSPEに保存されているデータを/dev_hdd0/game/LSPWN0ADC/USRDIR/localstore.binへダンプしてくれるユーティリティLSPWN v0.1をリリースしたことを伝えていました。開発者向けに役に立つ可能性のあるという段階で、これ自体で目に見える進展があったわけではなく、あくまでも進行中のプロジェクトとしての扱いだそうです。

●JailbreakSceneで、Team REBUGが、CFW REBUGをアップデートするパッケージRebug Update Package 0.1 (REBUG 3.41.3へのアップデート)/0.3 (REBUG 3.55.2へのアップデート)と3.41/3.55を3.70にバージョン偽装するためのユーティリティ3.70 Version Spoofer 2.0をリリースしたことを伝えていました。アップデートによりRebug Selectorのバージョンが1.6になるそうです。REBUG自体に3.70バージョン偽装機能があるため3.70 Version Spoofer 2.0はREBUGでは動作せず、PSNへ繋ぐための偽装ではなく不用意にアップデートしないためのものですので注意が必要です。

●ツイッターで、TeamSDXがPS3のCFW 3.70が完成したようなことをつぶやいていました。Kakaroto氏に謝辞を述べていますが真偽の程は不明です。

Reply

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です