ゲーム最新情報 2011年8月18日のニュース





●PSPKingが、PS Vitaの写真付きインプレッションを掲載していました。画質は印象としてはPS2並み、コネクター類はケーブルが刺さっていたため詳細不明だが3.5mmステレオジャックとユニバーサルコネクターのようだと表現しています。

●JailbreakSceneで、dospiedras1973氏、psicoleo氏、uf6667氏がPS3を3.70からダウングレードするために必要なバイナリ編集作業を簡略化しGUI画面でdowngrade.binファイルを簡単に変更してくれるWindows用ユーティリティTransplante v1をリリースしたことを伝えていました。

●Developで、Crytekが自社のPC向けゲームエンジンCryEngine開発キットを非商用ユースに限り無償で配布することを発表したことを伝えていました。商用利用目的の場合はライセンス契約が必要ですが、まず開発者に無償で利用してもらう機会を設けようというコンセプトのようです。

●ブルームバーグで、任天堂のドイツ事業部門の責任者、ベルント・ファケッシュ氏がgamescom 2011でインタビューに応じ、任天堂の人気キャラクター「マリオ」が登場するゲームをiPadやスマートフォンなどの他社向けプラットフォームで使えるようにする計画はないと語ったことを伝えていました。スマートフォンなどの携帯デバイスに押され気味の任天堂ですが、任天堂製ハードウエア用にゲームを開発するという戦略に変更はないという強気の姿勢を示したことになります。

●DSi-Homebrewで、benito356氏が.ndsファイルからグラフィックやタイトルなどの情報を展開することができるWindows用ユーティリティTinke v0.7.4をリリースしたことを伝えていました。bitmapイメージをNCLR/NCGR/NSCRに変換してのインポートに対応、ヘッダー及びバナーエディター追加やバグ修正などが変更点です。

●Wii-Homebrewで、R2-D2199氏がWiiで起動させるとIOSのハック状況をSDカードのルートにsysCheck.csvとして書き出してくれるユーティリティsysCheck v2.1.0 b13をリリースしたことを伝えていました。ベースIOS検出を改良などが変更点です。

●GBAtempで、かつて流行したニンテンドーDSで起動させるとDSをbrickさせてしまうウィルスアプリケーションCrashMEの新型が発見されたことを伝えていました。海賊版ゲームを違法に配布するサイトで『マリオパーティーDS』に偽装して配布されており、ウィルス検出してもDS Brickerとして引っかからないそうです。
httpv://www.youtube.com/watch?v=pNO_Vfl_aQk

●MCVで、マイクロソフトがWindows Phone ‘Mango’のソフトウェアアップデートで’ゲームアドオン’というマイクロソフトポイントを使用しゲーム内でマッシュルームやバーチャルアイテムを購入できる機能追加を計画していることを伝えていました。その他アバター関連やXbox Liveゲームの壁紙をスマートフォンプラットフォーム向けに配布するなどのサービスもあり、ゲームハブとしての機能をMangoで実現していく計画のようです。

●ツイッターで、neur0n氏がPSPのファームウェア6.60ベースでPSP-1000/2000(非対策基板)向けのCFW 6.60ME-1.1をリリースしていました。

v1.1
— ms0:/seplugins/version.txt からもversion.txtを読み込めるようにした.
— NidResolverを更新。FuSa_SD.prx動くよ.

●ツイッターで、neur0n氏がPSPのファームウェア6.39ベースでPSP-1000/2000(非対策基板)向けのCFW 6.39ME-9.3とPSP-1000/2000/3000/go(01g,02g,03g,04g,05g,07g 09gモデル)向けの再起動で公式ファームウェアに戻るカスタムファームウェアLCFW 6.39LME-9.3をリリースしていました。

v9.3
— ISOの中断データがライセンスエラーで実行できないバグ修正。
— ms0:/seplugins/version.txt からもversion.txtを読み込めるようにした.

●GBAtempで、iSmartDS Teamが、ニンテンドーDS/DSi用Flashcart iSmart MMのカーネルアップデートiSmart MM kernel update 2.1 20110809 properをリリースしていました。前カーネルのバグ修正などが変更点です。

●PSX-sceneで、bitsbubba氏がコピープロテクトCinavia回避機能を搭載し(AVCHDとブルーレイの回避機能は開発中)QA Flaqオプションも搭載したPS3 3.55ベースのカスタムファームウェア3.55 NFW v2をリリースしたことを伝えていました。3.70偽装バージョンと通常バージョンがあるそうです。また、NFWの”Homebrew Channel”にインストールするPS3 Homebrewを集めたPKG-Pack-NFWもリリースしたそうです。

●PSX-sceneで、RazorX氏がPS3MFW Builderで作成した3.55ベースのカスタムファームウェアPS3 Ultimate 3.55 CFWをリリースしたことを伝えていました。3.66バージョン偽装、3.70バージョン偽装、偽装なしの3バージョンあるそうです。 

Reply

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です