PS VitaのRAMは半減の256MB?





Developで、当初PS VitaのRAM容量を512MBとディベロッパー向けに配布したスペックシートに掲載していたがそれが半分の256MBになったと言われていますが、ゲームスタジオNovaramaのCEOであるDani Sánchez-Crespo氏がRAMが少なくなってもGPUやCPUのパワーやRAM自体も十分余裕があるので開発には影響しないと語り、ソニーが当初予定していたPS VitaのRAM容量を減らしてきたことを認める発言をしたことを伝えていました。それでもPSPの(実際には計算上違いますがそう書いてあるので敢えて書きます)10倍近くあるからというのをその理由に挙げています。

一方でDevelopは日本のソニー関係者という情報筋からPS Vitaのメモリーを減らしたと言う話はないと聞いていることも伝えています。
ただし、そもそも512MBという数字自体公式に発表されたものではなく憶測情報の類だとした上で最終仕様が決まっていないため仮に256MBで発売されたとしてもそれが仕様で減ったわけではないという話のようです。当然256MBという数字も確度は定かではありません。

[追記]
VG247によると、512MBから256MBへ削減されるのはWi-Fiモデルのみという情報があるようです。3Gモデルに付加価値を付ける営業戦略であればあり得る話です。

  1. ドカンくん’s avatar

    噂の域を出ない話ですね。
    まあ仮に256MBだとしてもゲーム機としては十分だと思いますが。
    3DSは96MBですし。

  2. るりるり’s avatar

    比較するなら、PS3とした方が良いような気もしますね。
    一応『PS3からの移植も容易に出来る』なら、
    最低でもPS3の『RAM256MB+VRAM256MB』と同じクラスは積んでるとは思うけど……

  3. mamosuke’s avatar

    少なくともPS3とVitaで同じタイトルが移植されて発売されるので256MBは最低ラインでしょうね。

    価格目標を決めてから設計しているのでここにきてわざわざ減らすというのはあり得ないか、余程の事情があった(円高とか)のかと。

Reply

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です