CFW 6.39 PRO-B7 for PSP-1000/2000

PSPKingで、オープンソースCFWとなったCFW PROをM33やGENのようにPSP-1000/2000にインストールできるCFW 6.39 PRO-B7がリリースされたことを伝えていました。Yoti氏のカスタムIPL Flasherにより実現したようです。

インストール方法は
1. PROUPDATE/EBOOT.PBP(PRO UPDATER)を起動し6.39 PRO-B7をインストール
2. CIPL_Flasher/EBOOT.PBP(cIPL Flasher)を起動しPSPのNANDにカスタムIPLをインストール
となっています。

PSP-2000v3以降のPSPではインストールするとbrickしてしまいますので使用厳禁です。
M33やGEN同様と同じ普通に起動できるCFWだそうです。

B7での変更点は
– UMD Video Mount (VSH Menu) : UMDビデオマウント(VSHメニュー)
– MS Speed Up Function (Rec Menu) : メモリースティック 速度アップ機能(リカバリーメニュー)
– MS Buffer Function (Rec Menu) : メモリースティックバッファー機能(リカバリーメニュー)
– B6 changed into B7 : バージョンをB6からB7へ変更

ただし、正式版としてのリリースはPRO-B6までですので、NightlyBuildsベースだと思った方が良いと思います。

Half Byte Loaderの時もそうでしたが、新たな機能を盛り込んだがために不安定になり最新のリビジョンより過去のリビジョンのほうが安定していることもあり得ますので、CFWがオープンソース化した以上はユーザー自身の判断でインストールするようにしてください。


シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする