ゲーム最新情報 2011年5月17日のニュース





US PlayStation blogEU PlayStation blogで、PSNユーザー向けの迷惑損害賠償穴埋めプログラム”Welcome Back Program”の詳細を公表していました。PSN完全復活後30日以内にという条件の元でのPS3またはPSPゲームの無料ダウンロードや30日間のPlayStation Plus無料お試し権(公式には30日間無料メンバーシッブ)など既報のとおりです。
[追記]Destructoidで、”Welcome Back Program”でPS3とPSPのゲームを無料ダウンロードはいいが最新のゲームではなく古いものばかりだ、とか今回指定されたゲームは全て持っているというユーザーに対してSCEEのNick Caplin氏はPSNでの安価なタイトルでお茶を濁して配布するのではなくブルーレーイで販売されている人気ゲームを選んでいるとしたで、盗まれたアカウントが全世界で7700万人分であるため全員の要望には応えることができないと謝罪していたことを伝えていました。

●/talkフォーラムで、Rinnegatamante氏が1台のPSPで複数の6.20 Permanent HEN(TN PermanentやPRO)を切り替えて使うことができるユーティリティー6.20 DualBootをリリースしていました。Go含む全PSP対応だそうです。6.20 OFWの起動はまだ実装できていないとのことです。

●/talkフォーラムで、5h4d0w氏がリカバリーメニューやPCを使わずにPSPのプラグインの有効/無効をはじめ設定テキストファイルへの追加や削除、編集などができるユーティリティSeplugins Manager v1.5_2をリリースしていました。6.20TNでflashプロテクトしていても利用できるよう変更、Recovery Menu読み込み改善などがされたようですが、CFW GENではまだ動作しないそうです。

●Nintendomaxで、James0x57氏がWiiRDのデータベースからWiiのチートコードをダウンロードしSDカードに保存、Gecko OSなどで利用できる.gctファイルに変換しくれるユーティリティーAccio Hacks v1.1.0をリリースしたことを伝えていました。
httpv://www.youtube.com/watch?v=MZPCeiwcPKQ

QT @GBAtemp: M3i Zero F-Core 1.8.2 http://goo.gl/fb/dfRjJ
●GBAtempで、M3 TeamがFlashcart対策を施したDSi/DSi LL ファームウェア 1.4.2でNintendo DSi/DSi LLを起動できるようにするためのファームウァエM3i Zero F-Core 1.8.2をリリースしたことを伝えていました。同時にNintendo 3DS 日本版ファームウェアVer. 1.1.0-1Jにも対応したようです。

Tags: , , , , ,

  1. Matyapiro’s avatar

    3DS ハック報告
    3DSでセーブデータの不正改造が検出されるとセーブデータの読み書きが出来なくなります。
    他の報告を募ります。
    ちなみにこれは私自身が調べた結果です。ソフト高いので、別の対策がされていても調べられません。一本だけです。一ヶ月ぐらい気づくのにかかってしまいました。ただ、そのソフト(名は伏せさせていただきます。)は一番対策の無さそうなやつと思って買ったものです。ファイル名を書き換えたら、
    こうなりました。おそらく、任天堂が3DSのファイルシステムライブラリに対策したのでしょう。

  2. mamosuke’s avatar

    ファイル破損扱いとは異なるのですか?

    結論だけあって、途中経過が読んでいるだけでは何も分からないのでどう反応していいものか計りかねます。

Reply

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です