PlayStation Networkダウンの影響は開発者サイドにも





IndustryGamersで、PSNでの販売を柱にPixelJunkシリーズをリリースしているQ-Gamesの社長Dylan Cuthbert氏がPSNがダウンしたことで決算に多大な影響を及ぼすことに言及したことを伝えていました。ソニーからは直接24時間体制で復旧に取り組んでいるとは聞いているもののそれ以上のことは情報がないことに不満を感じているようです。

Q-GamesのようにPSNでの販売に依存していると収益が第三者(基本的にはソニーですが、今回は攻撃したハッカーと言える)による影響を受けることになります。

その他、PSNダウンの開発者側への影響としてSCEAのサポートがあるプロモーションのために体験版ゲームをPSNでリリースしてこれから正式版公開を予定していたソフト会社が延期などの戦略変更を余儀なくされているところもあるようです。

また、今回のPSN問題には関係ない戦略としながらも、PSNのみで販売といったシングルチャンネルでの販売ではなくiOSへのゲームの移植なども行っていくところもあるのことで、今回のトラブルがライバル(アップルなど)への支援になりかねない状況です。

ユーザー視点でPSNがつながらないと困る程度の認識でしたが(ユーザーですから当然ですが)、開発者サイドに与える影響の方がもしかすると大きいのかもしれません。

Tags:

Reply

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です