ゲーム最新情報 2011年1月10日のニュース





●Geohot氏が3.55でJailbreakしたPS3にHomebrewを署名付きでインストールして起動させることができるオープンソースユーティリティps3publictools(make_self_npdrmとpackage_finalize)をリリースしていました。公開されたのはソースコードで、コンパイル環境としてオープンソースSDKのPSL1GHTが必要です。当然ながらGeohot氏は違法コピーのプロテクト解除の機能はないとしています。既にriku.kh3がPS3をFTPサーバーとして動作させるFTP Servers 1.2やPS3本体だけでHDD内のファイルをコピーしたり移動したりができるユーティリティComgenie’s Awesome Filemanager 0.06、Pheak_ESPがNES/GB/GBC/GBA/SMS/GGに対応したマルチエミュレータMednafen PS3を署名付きHomebrewとして公開しており、今後も続々とGeohot氏のツールを使ったhomebrewがリリースされてきそうです。Geohot氏のJailbreakがPS3ハック標準になりそうな勢いです。

●きまぐれblogで、takka氏がPrometheus ISO Loaderでは直接実行できないソフトを強制的に実行させるプラグインboot_change.prx 1.01をリリースしていました。標準状態に完全に戻らないバグを修正したそうです。

●WiiBREWで、DacoTaco氏がWiiのDOLファイルにnbootデータを入れてWiiで起動できるアプリケーションファイルを生成するユーティリティOpenDolBoot v0.1をリリースしたことを伝えていました。

●NYOットやろうぜで、独田地獄斎氏がWindowsPC用PlayStation エミュレータエミゅってしまうま(略称XEBRA/ARBEX)110108版を公開していました。

●TGBusで、なぜか流出しているPlayStation Phoneの完全レビューが掲載されています。デモゲームの動画などもあり、操作しているところを見る限りDSとiPhoneとPSPのいいとこ取りした操作体系のようです。

●PSX-sceneで、Dean氏がゲームやAVCHDのファイルマネージャー機能を持ちFTP機能や AVCHD、ブルーレイ再生機能をも統合したマルチ管理ツールmultiMAN 01.12.04をリリースしていました。今回から3.55 Jailbreak PS3対応の署名付きバージョンとなっています。3.40-3.55対応の(FW 3.41)Base packageと1.90-3.30対応の(FW 3.15)Base packageの2種類がリリースされています。ちなみにDukioによるとDean氏が3.55 Jailbreak PS3対応のBackup Managerを計画しているとか。

●PS3haxで、FamousMassacre氏がGeohot氏の署名ツールをベースにドラッグアンドドロップで簡単にpkgファイルに署名することができるWindowsユーティリティPS3 .PKG Signer GUIをリリースしたことを伝えていました。

●Google Codeで、dj_skual氏とGiantpune氏がWaninkoko氏のSaveGame Manager 1.5をベースにUsbLoader GxのデザインにマッチさせたWiiのセーブデータ用ユーティリティSaveGame Manager GX r96をリリースしていました。gui_imageData をWiiXplorerのものに変更、libgd利用でアプリケーションがより多くのイメージタイプ読み込みに対応などが変更点です。

●Google Codeに、Mathieulh氏がPSPの暗号化を司るkirkエンジンの解析結果をオープンソース化するkirk-engineが公開されたことを伝えていました。現在ユーザーがダウンロードできるものは何もリリースされていませんが、SVN TRUNKでソースコード閲覧は出来ます。

●ウォール・ストリート・ジャーナル日本版で、ニンテンドー3DSで6歳以下の子供の3Dでの長時間の使用を控えるよう注意喚起したことについて任天堂の岩田聡社長が一部専門家(名前は伏せている)の見解を情報開示して注意喚起しただけで3DSが危険だということを意味しているのではないと語ったことを伝えていました。顧客への情報開示に積極的な姿勢でのぞんでいるだけで、そうでなければ販売に必ずしもプラスになるわけではない警告を表示したりはしないと述べ、企業としての社会的責任を果たしていることを示唆したようです。なお、任天堂は3月末までに3DSを世界に約400万台出荷する計画で、このうち約150万台程度が日本市場への出荷だそうです。VGChartzによると日本でのXbox 360の総販売台数は140万台だそうで、3DSが売り切れる状況になれば3DSよりも安いモデルが存在するXbox 360の歴史を発売直後に抜き去る計算です。

●Xbox-sceneで、eam FSDがXbox 360 HomebrewのためのダッシュボードFreeStyle Dash v2.0 RC1.6をリリースしたことを伝えていました。ダウンロード部分を独立させ、ビルトインアップデートに対応したそうです。

●PSGrooveで、Riku.kh3氏がGeohot氏のJailbreakした3.55 Custom Firmwareで『Castlevania: Lords of Shadow』のバックアップをEBOOT.BINにパッチすることでHDDから起動させることに成功したことを伝えていました

自己所有ゲームのバックアップ起動のためのパッチ方法は以下です。
1) git.fail0verflow.comのGitから最新ツールを入手しコンパイルする(旧バージョンはELFファイルを正しく生成しないので使えない)
2) SELFファイルからELFファイルを展開する
3) ELFファイルをHEXエディタで編集し、dev_bdvdをdev_hdd0のパスに変更する(全てのゲームで必ず必要と言うわけではない)
4) Geohot氏のツールでNPDRM SELFをビルドする
5) psn_package_npdrmでビルドパッケージを作成する
6) Geohot氏のツールでビルドパッケージにパッチをする(3.55のみ対応)

●wololo.netで、MathieuLH氏とMaGiXieN氏がウェブサイト上のテレビ番組に出演(ゲーム最新情報 2011年1月9日のニュース参照)した際Mathieulh氏が2年前にPSPのUMDをコピーできなくする方法を発見したのでソニーへメールで知らせたが完全に無視されたと語っていたことを伝えていました。そういった態度がPSPやPS3のセキュリティ崩壊を招いたとして(冗談半分で)次世代機には今回活躍したハッカーのようなセキュリティ技術に長けた人材を雇うことを考えた方がいいと警告したそうです。Magixien氏、Mathieulh氏ともPSP2や3DSといった発売間近の次世代機は現行機と比較すればマシだろうとは思っているようです。その他Mathieulh氏はカーネルモードを使えるようにすることへの意欲を語ったそうです。余談ですが、Mathieulh氏が指揮を取っていたPSPのオープンソースファームウェアプロジェクトのUtopiaはHBLでの最初のHomebrew起動に成功した重要なファクターだったそうです。


Reply

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です