2011年07月24日一覧



ゲーム最新情報 2011年7月24日のニュース

●PS3crunchで、Drizzt氏がSexy ManagerとOpen ManagerをベースにしたPS3のバックアップマネージャーGaia Manager v2.07 UniCode Editionをリリースしたことを伝えていました。UnicodeをサポートによりPARAM.SFOの情報を正確に表示できる他、日本語表示などの情報も表示できるようになったそうです。

●サイバーガジェットが、CYBER セーブフリーク2(PSP/PS3/DS/Wii用)DS/3DS用ゲームカードが読み込める専用カードリーダーを付属し、DS/3DSもこのカードリーダーを使うことでセーブデータのバックアップが可能になったことを伝えていました。ただし3DS用ゲームでは、秘技データ(改造セーブデータ)利用できないためチートには対応していません。(Matyapiroさん情報ありがとね)

●JailbreakSceneで、Cobra TeamがCobra 3.0 firmware packをリリースし、USBドングルCobra USBをアップデートすることでCobra USBを差したPS3でCobra Teamオリジナルの3.55ベースCFWを起動させることができるとして、そのCobra CFW v3.55をリリースしたことを伝えていました。ただし、PS3本体のファームウェアは3.41であることが必要で、サポートは3.50までですがCFWは3.55と書いてあり、理解できない内容です。

●Xbox-sceneで、Sneakypeanut氏がXbox 360のオリジナルNANDイメージをベースにfreeBOOTイメージを簡単に作成することができるユーティリティEasy FreeBoot v5.31をリリースしたことを伝えていました。13559ダッシュボード追加やバグ修正などが変更点です。今後はUSBドライブへの保存をサポート予定だそうです。

●Team Xecuterが、最新版のJungle Flasherのバグは修正し終わり現在テスト中で、0272ファームで見つかったDVD再生のエラーも修正予定であることを伝えていました。新AP2.5対策にも取り組んでいるそうです。また、ロシアのハッカーがDG-16D4S MXICチップセットのSPIステータスのアンロックをするSPUTNIK360というハードウェア改造に取り組んでいることも紹介しています。

●ツイッターで、neur0n氏がPSPのファームウェア6.39ベースでPSP-1000/2000(非対策基板)向けのCFW 6.39ME-9とPSP-1000/2000/3000/go(01g,02g,03g,04g,05g,07g 09gモデル)向けの再起動で公式ファームウェアに戻るカスタムファームウェアLCFW 6.39LME-9をリリースしていました。

v9
— 公式StaticELFファイル読み込み時のバグ修正(elf_fixを内蔵)。
— GAMEモードでのCPUクロック変更値が固定できていなかったバグ修正。
— ISOで発生する0x80020148エラーのパッチを追加。

その他、GoでNetworkUpdateを有効にすると、HIB Block機能が有効になるそうです。

また、neur0n氏はゲーム画面をテレビへ出力するためのPSP用プラグインFuSa_SD_for_63X(FuSa_SD_kai)もリリースしています。現時点では6.39ME-9のみサポートしているそうです。

●GameGazフォーラムで、ABCanG氏がゲーム中にPSPのHOMEボタンを押したときにゲーム終了以外にゲームの再起動やPSPのシャットダウン、スリープなどが選べるよう拡張メニューを表示することができるプラグインCustomHOMEbeta 0.6.4をリリースしていました。

【更新内容】
β0.6.4(update 2011/07/24)
・ゲームリセット機能のバグを修正
・元々のHOMEメニューが出るソフトのみで動作するように変更。
今回はcmlibを更新する必要はありません。