ゲーム最新情報 2010年10月6日のニュース





●ElOtroLadoで、Hermes氏がペイロードを改良したPSGROOVE Payload Custom (V3)のソースコードをリリースしていました。ペイロードの最終アドレスを変更、syscall 8でのステルス機能追加、コピーやメモリ割当と言ったカーネルの機能を追加、/apps_home/PS3_GAMEにあるHomebrewの他、USB Falshドライブなどにある/dev_usb000/PS3_GAMEもサポートなどが変更点です。

●Dukioが、スペインの販売店ChipSpaiからの情報としてPS Jailbreak TeamがPS Jailbreak用のBackup Manager 1.1を来週リリースすることを伝えていました。

●VG247で、イギリスの情報筋からの話としてPSP2は2011年の終わり頃に発売されると伝えていました。その通りだとすると、発表は来年のE3ではないかとしています。

●PSX-SCENEで、moh.sakhaii氏がPS3のオープンソースBackup ManagerとなるOpen Manager V1.15をリリースしていました。必要なくなったパッチモードを削除したようです。

●ファミ通.comで、SCEJが320GBのHDD搭載PS3Slimとtorne同梱パックを11月18日に数量限定で39980円にて発売すると発表したことを伝えていました。

●きまぐれblogで、takka氏がPSPのISO管理ツールiso_tool ver 1.79をリリースしていました。セカンドノベルの利用するPrometheusが05指定になっていたので、ACX2指定に修正、メニューの表示順序を変更、いくつかのゲームで自動パッチを当てるか、パッチを選択するか選ぶことが出来るよう変更、DRAGON BALL タッグバーサスに対応が変更点です。なお、DATA/prometheus/DBTV/に専用のEBOOT.BIN/prometheus.prx/libatrac3plus.prxが必要なようですが同梱されていないので別途準備が必要だそうです。

●GBAtempで、Nintendo DSのHomebrewの中でも人気のあるペイントアプリColors! v1.1がリリースされたことを伝えていました。ユーザーインターフェースが変わったほか、自分で圧を決めるタイプの筆圧のキャリブレーションがなくなり、自動筆圧キャリブレーション機能(画面全体を筆で白く塗り潰すと自動で最適なキャリブレーションをしてくれるようです)を搭載したようです。ただしDSi/DSi LLでは正式に”キャリブレーションには対応しない”という表示が出るようになっています。インターフェイスは大幅に変わっていて少し戸惑います。
今回のバージョンからファイル容量がほぼ10倍に増えています(zipファイルで1.4MBが14.6MBに。ColorsMagazine_1.colというファイルが増えたためです)。起動できないFlashcartがあるため、colors.ndsを起動できない場合には一度ローダー(HBMenu.nds)を起動させてローダー経由で起動すれば上手く行くようです。最近のFlashcartで起動させてみた結果は以下です。
EX4i: 問題なく起動
iSmart Premium: 直接起動せず。HBMenu.nds経由で起動
Supercard DSTWO: 起動するもHomebrewに対応していないとの警告が出る。HBMenu.nds経由でなら警告なしで起動

colors!


TWITTER

Reply

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です