ゲーム最新情報 2010年6月1日のニュース





●MCVが、SCE UKのセールスディレクターMark Howsen氏とPR部門トップDavid Wilson氏と会い話を聞いた中でソニーがE3で発表する1番の話題はモーションコントローラー”Move”だが、それが唯一ではなくPSPに関する大きな計画もあることを伝えていました。名前こそ出さなかったもののAppleとiTunesを視野に入れており、携帯機そのものを見直して消費者が求めているものを検討しなければならないとソニーは考えているようです。ただしPSP2は否定したとか。

●CNET Asiaが、元VAIO担当で6/1付けでソニーエレクトロニクスホーム事業上級副社長となったMike Abary氏へのインタビューの中でまだ私案ながら、ソニーのホームエレクトロニクス部門とプレイステーション部門との関係をより強化していきたいと語ったことを伝えていました。

●ソニー・コンピュータエンタテインメントジャパンが、2010年6月10日(木)よりPlayStation3向けに3D立体視ゲームを配信開始すると発表していました。システムソフトウェアバージョンは4月22日にリリースされた3.30で良いようです。

●CVGで、ソニーがPS3の3Dブルーレイ対応アップデートを2010年末頃にリリースすると伝えていました。

●PSX-Sceneフォーラムで、PS2のHomebrewを起動するためのローダーuLaunchELF v4.41がリリースされていました。リリース5周年記念バージョンだそうです。

●PlayStationLifeStyleで、6月1日にPlayStation Homeのクライアントアプリがv1.36にアップデートされることを伝えていました。更新ログはないそうですが、バグ修正ではないかとしています。

●WiiNEWZで、Wiiの黎明期に発売されたMODチップWiinja Deluxeのソースコードを公開したことを伝えていました。販売撤退にともなうオープンソース化のようです。需要は…ないでしょうね。

●Xbox-sceneで、Blackaddr氏がXbox 360でGPUへのJTAGトランザクションでのSMCのピン出力を設定しなおすためのユーティリティXbox 360 SMC I/O Config Utility v0.1 Alphaをリリースしたことを伝えていました。

●GBAtempで、Nintendo DS用最新FlashcartであるSupercard DSTWOのファームウェアSupercard DSTWO EOS 1.02がリリースされたことを伝えていました。ファイルシステムをアップデートしストレージ容量チェック機能を省いたことで読み込み速度を改善、ユーザーがファイルシステムを操作できないようにしてシステムファイルが破損しないようにする保護システム搭載、データベースのセーブデータサイズとユーザーが任意に設定したデータサイズが異なる場合ユーザー設定を優先するよう変更、チートコードが表示されないことがあるバグを修正、Homebrew用ソフトリセット機能追加、リアルタイムセーブの時間表示のエラーバグ修正などが変更点です。


  1. とり’s avatar

    SECRET: 0
    PASS:
    ものっそい誤字ですね(;^ω^)
    しかしPSPに関する大きな発表ですか
    PSN+の事ですかね?

  2. COBRA’s avatar

    SECRET: 0
    PASS:
    PS2のHomebrewって何ですか?
    PS2でHomebrewが起動できるということなんですか?
    PS2の事は疎いので………

  3. ・・・’s avatar

    SECRET: 0
    PASS:
    COBRAさん
    >PS2のHomebrewって何ですか?
    PS2は確かSwapMagicというディスクを利用してPS2につないだUSBメモリ内のELFファイルを実行できます

  4. COBRA’s avatar

    SECRET: 0
    PASS:
    まだよく分からないですが、Homebrew実行可能なんですね
    親切に有難うございます

  5. まも助’s avatar

    SECRET: 0
    PASS:
    >とりさん
    ローションはやっぱり今、と、エロォラァァァ!

    という意味です。分かります?ワカンネーよ!

    ・・・直しました。

    >COBRAさん
    uLaunchELFはELFファイル(実行ファイルのファイルフォーマット)のランチャー+PSPでいうところのファイラーみたいな機能がついたものです。
    Wikiページはこんなところ
    http://ps2ulaunchelf.pbworks.com/

    もとはシステムの脆弱性を利用したもので、PS2の起動を乗っ取ることができます。

    LaunchELFの非公式版(unofficial)がuLaunchELFです。
    公式LaunchELFは日本人のみらきち氏が開発しましたが既に開発は終了しています。そのために非公式版が現在の主流です。
    http://mirakichi.hp.infoseek.co.jp/software/LaunchELF.html
    今はFree McBootという、一度PS2のメモリーカードにインストールしてしまえばSwapMagic(このディスクをPS2で最初に読み込ませることでバックアップディスクでも起動させることができる製品)などを使わなくてもHomebrewなど(バックアップも)が起動可能なものが主流です。

    ということで、Homebrew可能です。
    開発系は、PSPでもよく出てくる
    http://ps2dev.org/
    が有名です。

  6. COBRA’s avatar

    SECRET: 0
    PASS:
    丁寧に有難うございます。
    いつの間にかPS2のハックも完了していたのですね(;^_^A
    いやーすごい
    それにしても、まもすけ氏は何でも知ってますね
    お見それいたしやす

  7. まも助’s avatar

    SECRET: 0
    PASS:
    >COBRAさん

    >それにしても、まもすけ氏は何でも知ってますね
    PS2はSwapMagicこそ持ってますけど使ってません。もうここ数年放置です。
    ちなみに箱は持っていないので苦手です。

Reply

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です