CFW 5.03GEN-C for HENのPSPGENリリース記事を翻訳





PSPGENで、PSP-3000とPSP-2000のTA088v3基板(パンドラバッテリーが使用できないよう対策されたPSP)で要求ファーム6.10以上のゲーム(バックアップ含む)を起動させることが出来るCFW 5.03GEN-C for HENがリリースされていました。【情報源:PSPGEN

ちょっと遅れましたが、PSPGENのカスタムファームウェア5.03GEN-C for HENリリース記事の翻訳です。原文はブログの文字制限に引っかかりますので割愛いたします。


カスタムファームウェア 5.03GEN-C for HEN (PSP-3000 及び PSP-2000V3対応)

1 – カスタムファームウェア 5.03GEN-C for HEN (PSP-3000): プレゼンテーション

ようやくCFW 5.03GEN-C for HEN (PSP-3000及びPSP-2000V3対応)がリリースの運びとなり、皆さんにお試し頂けることを嬉しく思います。
CFW 5.03GEN-CはPSP-3000とPSP-2000 V3専用で、公式ファームウェア5.03までにしか対応していません。Davee氏のChikHEN R2のおかげでCFW 5.03GEN-Cが導入できることを感謝します。

5.50GEN

CFW 5.03GEN-Cはカスタムファームウェア対策が施されている、要求ファームウェア6.10以上のゲーム(ガンダムvsガンダムやナルトなど)を起動することができます。

更にうっかり電源ボタンで電源を切ってしまってもカスタムファームウェア状態が消えてしまうことはありません。拡張スタンバイモードというものを用意したのでカスタムファームウェアの状態を保持できます。

2 – CFW 5.03GEN-C for HEN :特徴と既知の不具合

始めにPSP-3000のカスタムファームウェアについておさらいをしておきましょう。

主要機能の内容について:
* 公式ファームウェア5.03のPSP-3000とPSP-2000 v3に対応
* 要求ファームウェア6.10以上のゲームのバックアップ起動
* 要求ファームウェア6.10以上のゲームのUMD起動
* カスタムファームウェア対策を施されプレイ不可能だったUMD/やバックアップISOの起動
* PS1ゲームの起動
* SELECTボタンでGEN VSH MENUを表示
* VSHリカバリーあり
* Homebrewの起動に対応
* その他..

以下は、解決に至っていない問題点についてです。

既知の不具合:
* リカバリーモードのメニューは”寄せ集め”
5.02GEN-AのリカバリーモードにパッチをしてPSP-3000で起動できるようにしてあります。殆どの項目は変更できるはずですが、VSHリカバリーに関しては未修整のものがあるため問題が発生することがあります。実はメニューの行表示がおかしかったり、動作しないものもあります。PSP-3000ではリカバリーは使えませんのでVSHメニューをご利用いただくか、Total_Noob氏のUltimate VSH menuをインストールしてお使いいだだくことをお薦めします。

リカバリーのメニュー一覧と動作状況については以下です:

– Toggle USB = ok
– Configuration = ok
– Skip Sony logo: 動作不可 (しなくても問題なし)
– Hide corrupt icons = 動作せずSonyロゴがスキップ
– Game folder homebrew ok
– Autorun EBOOT ok
– Fake region ok
– Use vsh menu ok
– XMB USB Device ok
– Load Device with USB ok
– Use M33 network update ok
– Use version TXT ok
– Hide MAC addoress ok
– Use game categories = ok
– Reboot in official firmware> 動作不可
– Run program at = Advanced Menu
– Advanced = CPU SPEED
– CPU SPEED = Plugins
– Plugins = registry hack
– Registry hack = suspend device
– Suspend device = reboot in official firmware
– Reset system = quit

3 – Custom Firmware 5.03GEN-C for HEN :正しい使い方とダウンロードリンク

CFW 5.03GEN-Cリリースの準備がようやく整いました。起動に必要な条件は以下です:
* 公式ファームウェア5.03のPSP-3000とPSP-2000v3であること
* メモリースティックにChickHEN R2が入っており起動できること

注意点:

HENとはHomebrew Enablerのことです。PSPの公式ファームウェア上でHomebrewを起動させることができるようになります。作者のDavee氏は ChickHENでシステムの2つの脆弱性を利用しています:一つはMatiaz氏らが発見したexploit、もう一つは彼自身が発見した、ハードウェア本体(UMDやWiFiなど)の機能にアクセスすることができるカーネルモードexploitです。CFW 5.03GEN-Cを起動させるためには彼のChickHENはなくてはならない存在です。

HENについてもっとお知りになりたい場合は以下の記事をご参照ください。
(※PSPGENの紹介しているリンク先ではなくChickHEN&5.03GEN関連の翻訳記事をご紹介します。)
ChickHEN Homebrew Enablerリリース
ChickHEN for Firmware 5.03 R2 公式修正版リリース
Custom Firmware 5.03GEN-A for HEN インストール方法ページを翻訳
5.03GEN-A for HEN修正版リリース〜PSP-2000に対応
CFW5.03GEN-B for HENリリース〜5.03GEN-Bの紹介からインストール方法記事まで全訳

開発者にご協力いただける場合にはGENチーム宛にPAYPALでの寄付をお願いいたします。

4 – カスタムファームウェア 5.03GEN-C for Henのインストール

PSPのファームウェアが公式5.03で、Davee氏のChickHEN R2を起動しておいてください。

5.03GEN-C_3

警告:

CFW 5.03GEN-C for HENはインストールした時点でもとに戻せなくなります。CFW 5.03GEN-C for HENは必要なファイルだけを追加するもので、公式ファームウェア5.03自体に変更を加えるものではありません。一度インストールするだけでカスタムファームウェアの状態となり、PSP本体のflash0にアクセスできるようになります。 PSP-3000(またはPSP-2000 v3)では絶対にflash0の中身は操作しないでください。公式ファームウェア5.03のファイルに変更を加えると二度と戻せなくなるばかりか起動すらしなくなる恐れがあります。ですのでPSP-3000とPSP-2000v3の場合はflash0を操作するような自殺行為は絶対に避けてください。

インストール方法:
注意: メモリースティックにプラグインが入っている場合、必ず無効(disable)にしておいてください。

* Custom Firmware 5.03GEN-C for HEN(PSP-3000およびPSP-2000 v3用)をダウンロードします。
* PSPをUSBでPCと接続します。
* PSPの”USB接続”オプションでPSPをUSBモードにします
* PCにダウンロードしたアーカイブファイルをマウスの右クリックします。
* “解凍”を選択します(WinRAR推奨)
* 解凍先にPSPのドライブレターを選択します
* OKを押してファイルの解凍が終了するまで待ちます
* PSPで”USBモード”を終了します

使い方:
* XBMでゲーム > メモリースティックにあるQuick Updater 5.03GEN-Cを表示します

5.03GEN-C_2

* ×ボタンを押してアプリケーションを起動します

* 5.03GEN-Bが既にインストールされている場合にはLボタンを押しながら5.03GEN-C quick updaterを起動してください。そうしないと5.03GEN-Bのままになります。

* アプリケーション起動後の選択肢は以下です:
×:パッチを起動
R:何もしないで終了
○:Version.txtをオリジナルに戻す(PSP売却時などにご利用ください)
・ 今回初めてインストールする場合には必ず×ボタンを押してください。適切なファイルがPSP本体のflashに書き込まれます。この操作でPSPがbrickすることはありません。
* その後”press X to reboot in CFW 5.03GEN-C”と表示されたら×ボタンを押してカスタムファームウェアを起動します
* PSPが再起動するとCFW 5.03GEN-C for HENになります。

5.03GEN-C_3
電源を切るまではカスタムファームェアのままです。

PSPを再起動させた後や、動作がおかしいときに5.03GEN-Cへ戻すには?
CFW 5.03GEN-C for HEN-Bは正真正銘本当のカスタムファームウェアですが、PSP-3000(またはPSP-2000v3)からは直接改造ファームウェアを起動させることは出来ません。必ずDavee氏のchickHEN R2を先に起動した状態でQuick Updater 5.03GEN-Cを実行しカスタムファームウェアを有効にしてください。そんなに時間はかかりませんのでQuick Update 5.03GEN-Cを実行するのも手間ではないでしょう。


GENのCFWリリース記事を書いているのはいつもMaGiXieN氏なのですが、数ページに渡る長文記事を書いている割には実は過去記事(5.03GEN-Bなど)のコピペがほとんどです。最初のページくらいでしょうか?多少異なるのは。訳していても面倒くさくなってきます。まもすけも自分の過去翻訳コピペです。彼もきっと同じ気持ちなのでしょう。

PSPGENのサイトにCFWのアイコンが大量に並びますが、画像が新しくなって若干のアレンジを加えただけの記事投入ですので翻訳する意味ないなぁとちょっと思っています。

当初はフランス語記事と同時に英語記事も投入してたMaGiXieN氏ですが、ここのところはフランス語記事だけになってしまっています。面倒くさい気持ち、分かりますけどがんばりましょうよ、MaGiXieNさん。世界中が待っているのですよ。


  1. 七氏’s avatar

    SECRET: 0
    PASS:
    ちょくちょくgen-cがgen-bになってる

  2. まも助’s avatar

    SECRET: 0
    PASS:
    >七氏さん

    ありがとうございます。

    直しました。

Reply

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です