ゲーム最新情報 2009年10月12日のニュース





●Nintendo Everythingで、任天堂の宮本茂氏が年内に発売予定のニュースーパーマリオブラザースWiiは発売一年後も売れ続ける息の長いゲームとなるだろうと語ったことを伝えていました。自信作なんでしょうね。

●Arstechnicaで、PSP goの発売はユーザーにとって悪夢だという記事を掲載していました。
内容としては
・DRMがおかしいせいでPS3経由でPSP goへゲームをUSBで転送するとエラーになるが、解決策がまだない。
・用意すると言っていたUMDのデジタルコピーを早々とあきらめたが、著作権の問題は初めから分かっていただろうにいまさら何?
・メモリースティックの買い直し(M2Micro)をはじめ、すでにPSPを所有しているユーザーに何のメリットもない。
・Media Goインストール後にやれQuicktimeだAdobeだとアップデートを強要され、ゲームを楽しみたいだけなのにあれこれやることが多すぎる。
などをあげ、PSP goの発売を”販売店と客を敵に回すためのキャンペーンだ”としています。

●Tehskeenで、WiiPower氏がシステムメニュー4.1までのWiiにあったtrucha bugのあるIOSを復活させるTrucha Bug Restorer 1.1をリリースしたことを伝えていました。IOSバージョンをアップデートして、4.2 updateをサポートしたようです。なお、通常-1017と-2011のエラーコードはtrucha bugがないときに出るそうです。

●Tehskeenで、brkirch氏がWii用のGecko v1.9.3をリリースしたことを伝えていました。変更点はゲーム読み込み時にディスクが回転している必要なし、Homebrew Channelの新IDに対応、選択したhookタイプでチャンネルを読み込むよう修正、チャンネルの002エラー回避方法を改善、rebooterでcIOS使用をサポート、elf/dol読み込みの修正、システムメニュー4.2のサポート追加、です。


Reply

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です