2009年9月3日のニュース





●TechUnionで、ソニーのPS3公式サイトのPS3 Slimに謎の”MULTINATION”と書かれたポートが背面に存在することを伝えていました。
iFixItの分解画像(ゲーム最新情報 2009年8月26日のニュース参照)では単なるマルチAV OUTとなっている端子です。
調べてみると、確かにUSプレイステーション3サイトのPS3 Slimの背面には”MULTINATION”と書かれたポートの写真が掲載されています。
MULTINATIONという言葉自体ネットで検索しても情報が出てこないため謎の端子だとしています。

●Eurogamerで、PS3 Slimのハードウェアの性能を測るテストを実施し結果を公表していました。
ファームウェアは何故か2.76です。
また、BDドライブ読み込み時間やHDDへのインストール時間などを計ってみたところ、スペック上は変わらないはずの旧型PS3との比較ではPS3 Slimはかなり早いようです。

●Slashdotが、PS3のリモートプレイに対応した3Gケータイ”Aino”について、発売は10月であることを伝えていました、

●Gamesindustryで、日本でのXbox 360の値下げが発表されたことを伝えていました。エリートモデルが39,800円から29,800円へ、現行60GB標準モデルは29,800円からオープンプライスへと値下げですが、アーケードモデルは世界の流れと同様19,800円と値段据え置きです。

●The Six Axsisで、リリースされたばかりとなるPS3のファームウェア3.0で”Uncharted”というゲームが動作しないことを伝えていました。ソニーのアップデートを待たねばならないようです。

●Tehskeenで、WiiのシステムメニューをダウングレードできるFirmware Downgrader v1.11 mod v1.21がリリースされたことを伝えていました。オフラインダウングレーダーのためSDカードのルートに必要なファイルを用意しておく必要があります。
Wii 3.2の場合は以下です:
IOS30-64-v1039.wad
RVL-million-v5.wad
RVL-bc-v2.wad
RVL-WiiSystemmenu-v290.wad

●Tehskeenで、Waninkoko氏のオリジナルを始めとしたWiiのUSBloaderをベースにしたuLoader v3.0Bがリリースされたことを伝えていました。

●Joystiqが、SCEAが北米市場で10月に発売するPSP-3000 エンターテイメントパックの詳細を発表したことを伝えていました。
UMDのグランツーリスモ同梱版はミスティックシルバーのPSP-3000に2GBメモリースティック、白いコルベットZR1ダウンロード権などが付いて199ドルです。

●PC Watchが、本日発売の新型PS3「CECH-2000A」のハードウェアレポートを掲載していました。早速PS3 Slimを分解解説しています。

●ソニーが公式プレスリリースで、2010年からソニー製品の3次元表示対応を進めることを明らかにしていました。アクティブシャッター方式メガネを使用し、4倍速動画表示技術を応用してフルHD高画質3D映像表示を行う仕組みです。対象機器にはブラビアやブルーレイディスク、VAIOと共にPlayStation3も名を連ねています。


Reply

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です