UMD分のコスト削減?月50ドルでPSPのゲームをレンタル構想





SPONG.comで、ソニーはUMD廃止に向けてゲームのダウンロードレンタルサービスを検討している、と伝えていました。月50ドルって、毎月1タイトル必ず購入している方からすると安いのかもしれませんが…【情報源:SPONG


$50 PSP Digital Rentals: The Cost of UMD Death
Sony considering $50/month for PSP game rental
50ドルでPSPのデジタルレンタル:UMD分のコスト不要
ソニーは月50ドルでPSPのゲームレンタル検討中

A survey has popped probing participants on their willingness to pay for digital PSP rentals, adding further weight to the suggestion that UMD is on its deathbed and, dare we say it, PSP GO is on the horizon.
デジタルデータとしてPSPのゲームをレンタルしてもいいと考えている人への調査が行なわれました。これはUMDの終焉を意味していると考えられますが、さらに一歩踏み込んで間違いを恐れず断言します。これはPSP GOへの伏線です。

The survey, first picked up by Joystiq, asks gamers what they would pay to download games to their PSP for a limited period of time. SPOnG’s had a dig around and pulled up a host of screens showing the potential pricing for such a service.
その調査はまずJoystiqで取り上げられました。ユーザーにある決まった期間のみプレイできるゲームをPSPへダウンロードする場合どんなサービスなら購入したいと思いますか?という質問でした。 そこでSPOnGではそう言ったサービスに於ける妥当な価格というのをはじき出してみました。

The top price suggested is $49.99 per month (for a minimum of three months), with the option to download up to three titles per month from a selection of games added 12 months after launch. You’d have to be a lunatic to pay that, especially when you compare it to some of the other options mentioned, suggesting that a database has spewed forth potential subscription packages based on set parameters. It does look, however, like the top price being considered is, indeed, $49.99. You can peruse the full range of options in the images we’ve grabbed here.
一番可能性が高い価格のトップは月50ドルです。しかも発売後12ヶ月を経過したゲームの中から上限3タイトルまでという条件付きです。そんな費用を払うのは変人だけかもしれません。プランに基づき費用が決まる料金設定をよく比較検討する必要があります。とは言っても一番可能性が高い料金が実は49.99ドルのようなのです。どんなプランがあるかはこちらの画像で分かります。

The fact that Sony is considering such a service adds yet more weight to the notion that UMD is going the way of the dodo. It also adds merit to rumours of the impending announcement of a significant upgrade to the PSP’s hardware – one that could include up to 16GB of internal memory.
ソニーがそういったサービスを考えているという事実はつまり、UMDを将来的には完全に廃止したいという意向をソニーが持っているということに他なりません。さらにPSPのハードウェアが近々モデルチェンジをするらしいという噂もより一層真実味を帯びてくる事になります – 最大16GBのメモリーを内蔵すると言われるアレが。


50ドル、高すぎです。
まるで使っても使わなくても定額請求してくる携帯電話料金のようです。

UMD廃止、それが意味するのは中古ゲーム市場壊滅です。
もちろん不正コピー対策にもなりますから一概に反対とは言えませんが、ある一定の市場を形成している中古ゲームというカテゴリーが成立しなくなるのは明らかです。
今まで何度も噂にのぼっていますが単にレンタルだけでなく、デジタルデータ買い取りという形でのダウンロード販売が最終形でしょう。
ゲームに脆弱性が見つかっても即修正されてしまうでしょうからハッカー自らが脆弱性の発見しHENなりCFWなりを仮に作ったとしても民衆に知れ渡った瞬間に対策されてジエンドです。
なにやらexploitが見つかったらしいという情報を元に中古ゲーム屋巡るとか、ネットで中古を販売しているショップ探すとか全くできなくなります。そんなつまらない世の中、楽しくないですよね。


  1. ふー’s avatar

    SECRET: 0
    PASS:
    「発売後12ヶ月を経過したゲームの中から」の縛りがなくて新作もOKだったら50ドルもアリな気もしますけどねぇ。

  2. まも助’s avatar

    SECRET: 0
    PASS:
    アリですかねぇ…
    ただ始まってみないと分かりませんね。もしかするとべらぼうに楽しかったりするかもしれませんし。

Reply

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です