Wii Homebrewの更新情報(2009 年4月24 日)





CodeMiiで今週のWii Homebrewの更新情報を伝えていました。(2009年4月24日)【記事


HBB Updated Applications

The following applications have been added/updated:
以下のアプリケーションが追加/更新されました。
Cubiic updated to v0.1a2
FCEU updated to v3.0.1
GeeXboX updated to v0.1alpha7
MPlayer Christmas Edition updated to v0.5
Q1Rev r1
Snes9xGX updated to v4.0.3
Wiituka v0.98.0
Wolfenstein 3D – Wii v1.00a


Homebrew紹介をしたかったので週末までネタを寝かせてました。
今週の気になるHomebrewはWolfenstein 3D Wiiです。

Wolfenstein城に監禁された主人公が、ナチスの兵士と戦いながら城からの脱出を図るゲームです。過去に多くのゲームに移植されて来た名作がWiiのHomebrewとして登場です。グラフィックこそ荒いものの、城の中を見回すときの動きの滑らかさなどは一流品です。こんなゲームがHomebrewにフリーウェアとして登場するのは幸せだと思います。
なお、CodeMiiではv1.00aの紹介ですが、すでにバグ修正などでv1.1aになっています。

Wolfenstein_3D_Wii_1

タイトル画面です。この画面だけでどんなゲームなのかが分かりますね。

Wolfenstein_3D_Wii_2

操作にはWiiリモコンが使用可能です。ヌンチャクも使用可能なようです。
十字キーの左右で見回し、上下で前進後退、Aボタンで武器を変更、1ボタンで扉を開ける、2ボタンで攻撃です。
兵士は突然現れます。番犬も襲ってきます。ターゲットマーカーなどは出ませんが銃口を兵士へ向けて発砲すると結構リアルに兵士がやられます。

Wolfenstein_3D_Wii_3

感動するのは効果音です。扉の開閉、戦闘音などWolfensteinの世界に入り込むには十分すぎるほどの演出です。
おそらく軽い気持ちで一度始めても最低30分は続けてしまうのではないでしょうか。そのくらい良く出来たゲームです。

Reply

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です