PSPのCFW 5.00M33-6リリース〜どうせなら5.02M33がよかった





Dark-AleX氏のサイトにCFW5.00M33-5がリリースされていましたが、直後にそのバグ修正版5.00M33-6もリリースされていました。【記事
読者の方から情報をいただきました。(Q&Aさん NAKKANさん ありがとね)

ブログの方で詳細が掲載されていました。【記事


5.00M33-6 Released.

Get it here

Changes:
変更点

5.00 M3-6
– – – – – – – – —

Changes in 5.00 M33-6:

– Fixed a bug that made unbootable psp without memory stick or with a bad one.
メモリースティックが入ってなかったり、不良なメモリースティックだった場合にPSPが起動しないバグを修正しました。

Changes in 5.00 M33-5:
– – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – —-
This update is a try to fix memory stick low speed since 3.80.
3.80のときからメモリースティックの読み込みが遅かったのを改善しました。

Instructions: Copy UPDATE folder /PSP/GAME/ and run.
アップデート方法:/PSP/GAMEにUPDATEフォルダをコピーして実行してください。

If you come from a version prior to 5.00 M33, put sony update as 500.PBP in same folder, or let the program download it for you using a wifi connection.
5.00M33より前のファームウェアからアップデートする場合は5.00公式アップデータを500.PBPにリネームしてUPDATEフォルダにいれてください。WiFi接続でアップデートもできます。

Changes:
変更点

– A setting has been added to recovery, that, when enabled it may increase memory stick reading speed. (only on the psp, not in the pc).
By default it is disabled. If you installed 3.71 fatmsmod, do not use this setting, as its perfomance with 3.71 driver has not been tested.
Instead, reinstall 5.00 m33-4 using dc8 and update to 5.00 m33-5
リカバリーモードにある設定を追加しました。設定を有効にするとPSPでのメモリースティック読み込み速度が向上します。(PCで読み込みが早くなるわけではありません。)

The included file fat_comparison.html contains a comparison of perfomance between the 5.00 fat driver, the 3.71 one, and the 5.00 one with the speed up
hack during the read of an iso.
The test was done on the game Valkyrie Profile in cso format in march33 mode. Other games, modes and applications different than iso reading showed
similar results.
更新データに含まれるfat_comparison.htmlのファイルには5.00 fatドライバーとその3.71版、そしてISO読み込み時の速度向上版5.00のパフォーマンス比較情報が含まれています。
テストはValkyrie Profileのcsoフォーマットを使い、M33ドライバーモードで行いました。違うゲームやドライバーモード、アプリケーションでもISO読み込み速度は似たような結果になります。

– Translating the recovery.
リカバリーモードの表示言語変更について

To translate the recovery create a text file in ms0:/seplugins/xx_recovery.txt
or flash1:/xx_recoery.txt (they are evaluated in that order), where xx is the language code
of your language:
リカバリーモードの表示言語を変更する場合にはms0:/seplugins/にxx_recovery.txtを作ってください。
またはflash1にxx_recoery.txtを作成してもよいです。xxの部分には以下のランゲージコードが入ります。

es -> spanish
en -> english
fr -> french
de -> german
it -> italian
ja -> japanese
ko -> korean
nl -> netherlands
pt -> portuguese
ru -> russian
ch1 -> chinese simplified
ch2 -> chinese traditional

The file en_recovery.txt in translate folder is included for people to translate to their languages, this file is not needed for english people, as the english language is used when no language file is found.
Just change the english strings to your language ones, and put it in the path mentioned above. Be careful to check in the recovery that the lines look fine, don’t use too large text.
言語設定用フォルダに入れてあるen_recovery.txtのファイルは言語を変更したい方用です。英語表示で良い方には必要ありません。言語設定ファイルがない場合には自動的に英語表示になります。
英語の部分を変更したい言語で書き換えてください。ファイルの場所は先述の通りです。リカバリーモードできちんと表示するかどうかはご確認ください。長すぎるのはNGです。

The spanish file es_recovery.txt will be written by the program in the memory stick.
スペイン語のes_recovery.txtはメモリースティックの中にすでにあるはずです。


3.71 fatmsmod for 5.00を統合したんでしょうか。メモリースティックの速度向上がメインのようです。
5.00M33よりは5.02GENに対抗して5.02M33にしてほしかったところです。個人的には。

ちなみに言語変更ですが、5.00M33の最初からあります。一応記載されていたので翻訳はしました。
日本語にしても化けますので無意味です。【記事

  1. Q&A’s avatar

    SECRET: 0
    PASS:
    どうせなら5.03M33にしてほしかったです
    できればどなたかに5.03ベースのCFWをリリースしていただきたいですね。(←やっぱり人任せww
    まあ、OFW公開の当日にはさすがに無理だったのでしょうが…

    個人的にどちらかというとGENの方が機能が多くて良い様な気がします
    読み込み速度もあまり気になりませんし…

Reply

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です