2009年02月27日一覧

マジコン本格的規制?著作権協会が実態調査へ〜回避コードもNGか

Yahoo!ニュースでコンピュータソフトウエア著作権協会がニンテンドーDS用ゲームの違法コピーについての実態調査に乗り出した事を伝えていました。【記事


ニンテンドーDS「プロテクト外し」横行 ソフト違法コピー調査

携帯型ゲーム機「ニンテンドーDS」の正規ゲームソフトだけを使えるようにするプロテクト(防御)を無効化する改造コード(暗号)がインターネット上で公開され、「プロテクト外し」が横行していることが27日分かった。改造コードによるプロテクト外しは「マジコン」と呼ばれる機器を使った違法コピーの温床とされ、コンピュータソフトウエア著作権協会は、こうした行為が技術的制限手段の提供禁止を定めた不正競争防止法に違反するとして実態調査に乗り出した。

 現行法ではプロテクト外しに対する刑事罰の規定はなく、民事訴訟で損害賠償や差し止め請求による被害回復しかできないのが実情で、同法を所管する経済産業省は今後、刑事罰の適用拡大も含めた法改正について検討する方針。

 改造コードは、16の数字などを組み合わせた暗号。この暗号をゲームソフトに組み込むと、ゲーム内容を意図的に書き換えたり、修正することができる。

 ニンテンドーDSの人気ソフトには、マジコン対策として、ネット上で公開している違法複製ソフトをマジコンに取り込んでも使えないようにする特殊な暗号技術(プロテクト)が施されているが、マジコンユーザーの間では暗号を解読し、プロテクトを解除できる改造コードが広く出回っている。

 ネット上では「回避コード」とも呼ばれ、ネット上で無料で入手できる専用ツールを使ってゲームソフトごとに異なる回避コードを直接入力したり、プログラムを自動で書き換える「パッチファイル」を使うことにより、だれでも簡単に解除できる。

 マジコンは、人気ソフトを買わずにネットで入手し遊べることから国内でも不正利用が横行。メーカーは正規ソフト以外では起動できないようなプロテクトをかけるなどして対処しているが、改造方法について詳細に解説するホームページも多く、抜け道を探すユーザーとの間でいたちごっこが続いている。

 コンピュータソフトウエア著作権協会は「不正利用が産業発展の妨げになる」として、プロテクト外しによるマジコン被害について実態調査に着手。一方、経産省も現行法では規制が難しい現状を把握しており、「著作権法との兼ね合いもあるが、現行法に刑事罰を加えることが一定の抑止力になることは理解している」との認識を示す。

 マジコンをめぐっては、任天堂とゲームメーカー54社が昨年7月、マジコンを扱う販売会社に対し、不正競争防止法に基づき輸入、販売行為の差し止めを求めて東京地裁に提訴している。

 ■マジコン 不正にコピーしたニンテンドーDSのソフトを使えるようにする機器。DS専用ソフトと同じ形状で、語源は「マジックコンピューター」。DSには不正なソフトでは起動しない技術が組み込まれているが、不正なデータを取り込んだパソコン用記録カードをマジコンに挿入してDS本体に差し込めば、ゲームができる。1個5000円程度で販売されており、ネット通販などで簡単に手に入る。


マジコンは違法コピーの起動も出来ますが、Homebrewの起動もできます。被害が出ているのはもちろん違法コピーの方です。
現在の著作権法では自分で所有するもののバックアップに関しては違法にはしておりませんが、これも今後の法改正次第で変わってきます。

違法コピーの駆逐は構いませんが、自作アプリ起動環境も同時に奪われるのは悲しいところです。
個人ブログの影響力も最近は大きくなって来ているので、まもすけとしてはここで「違法コピーの使用は止めましょう。潮時です。」と声高々に言っておきます。


PSPファイラー6.0がもう出ました

あの開発中止騒ぎの興奮冷めやらぬままPSPファイラー6.0リリースです。【記事


download 6.0
$10 DONATION PLEASE
If you think Filer useful.
寄付募集してます。

PSP用ファイラー バージョン6.0です。
○ツリー状にファイルを確認できます。
○ファイルのタイムスタンプや属性を変更できます。
○日本語が出ます。
○ISO, CSO, ZIP, RAR の内容確認・展開ができます。
○wav,mp3の再生ができます。
○UMDデバイスのリッピングができます。
○フラッシュメモリの保存・復帰もできます。
○テキストファイルの内容を確認できます。
○バイナリファイルを編集できます。
○BMP,JPEG,PNGファイルの内容を確認できます。
○フラッシュメモリも確認・編集できます。
○ファイル名の変更もできます。
最終更新履歴
2009/02/27
version 6.0:
 ○filer
  ・大容量のメモリースティック使用時、空き容量が間違って表示されていたバグを修正した。
  ・ギガバイト表示機能を追加した。同時に、小さいサイズのファイルの時は、低いスケールで表示するように変更した。
  ・FW5.00上のkernel3版がUSB接続できなかったバグを修正した。
  ・UMDリッピング時、MS Duoの容量が不足している等の場合に、CFWのバージョンによっては無限ループに陥っていたバグを修正した。
  ・333MHz駆動時、ビルトインOSK終了時に無限ループに陥っていたバグを修正した。


面子より開発者魂が勝ったという意味に捉えるしかないですね。
なんにせよファイラーの火が消えなかったことを素直に喜びましょう。


マルチタスクのIrshell 登場予告

DCemuでPSP-2000にマルチタスク機能搭載Irshellのリリースを予告していました。ゲーム起動中にIrshellと切り替え操作、すごいです。【記事


Irshell With Advanced Multi-tasking feature Coming Soon
Irshellにアドバンスドマルチタスク機能搭載 近日リリース
Irshell is to have a new Advanced Multi-tasking feature for PSP Slims Only
Irshellはアドバンスドマルチタスク機能を搭載します(PSP Slim専用)
Heres the video
ビデオはこちらです。

YouTube

YouTubeのパーツ

ahman has posted that the release is coming soon
Ahman氏はまもなく発表するそうです。


夢のような話ですね。今後が楽しみです。


Pursuit Force- Extreme Justice(US) ヤケクソレビュー

Pursuit Force- Extreme Justiceというゲームを購入してみました。同じようにこの記事を見て購入された方も多いかと思います。何か面白いことが起こるかもという期待を込めての購入でしたが、未だに何も起こっていません。

何か起こるかもしれない第一歩となるセーブデータも公開されていますがUS版ではその検証も出来ません。
余談ですが、Gripshiftと同じバッファーオーバーフローの可能性を探るべく長〜い名前を入れて見ましたが何も起こりませんでした。

未だに「買ったんだけど開封もしてないよ〜」という方のために、そしてこれから購入をご検討されている方のためにゲームレビューなどをしてみます。
ヤケクソですw

Pursuit Force- Extreme Justice1
こんな写真見せられてもなにも参考になりませんが、Pursuit Force- Extreme Justice(US)です。

Pursuit Force- Extreme Justice2
タイトル画面です。結構カッコ良さげです。期待感を抱かせます。今回はストーリーモードを試してみました。

Pursuit Force- Extreme Justice3
ゲームは結婚式の場面から始まります。屋外での結婚式の最中に不穏な連中の乗るトラックが乱入します。このあたりはアニメーションで展開します。

Pursuit Force- Extreme Justice4
警官同士の新郎(主人公)と新婦は、結婚式に出席していたボスに命じられ、犯人確保に向かう事になります。

Pursuit Force- Extreme Justice5
なんと新婦はウェディングドレスのままヘリに搭乗。主人公はクルマに乗り込みます。

Pursuit Force- Extreme Justice6
主人公は犯人を追跡すべく街の中を爆走します。犯人のクルマが近づくとマーカーが出ます。そしてなんと、ハイスピードで運転しながらシートから立ち上がり銃を構えて犯人を銃撃するのです。どうやってアクセル踏んでんだ?ありえねぇ〜。ちなみに画面左のいかにも怪しい奴は見た目の通り怪しい犯人グループの一味です。複数犯なので何人も追跡し続けなければなりません。

Pursuit Force- Extreme Justice7
しかも犯人のクルマに近づくと相手のクルマにジャンプして飛び乗るのです。そして至近距離で搭乗している犯人に発砲して射殺。身の危険も顧みず正義のために戦う主人公。かっこい〜。
日本ではあり得ないほどハリウッド的です。でもクルマに飛び移るのを失敗するとご覧の通り無様なことになります。
LRボタン適当に押してると体制を立て直せますがゲームじゃないとありえね〜。

Pursuit Force- Extreme Justice8
そしてリアルさを追求するがあまり、あちこちクルマをぶつけまくっているとどんどんクルマが壊れていきます。ヘコんでガタピシになるばかりか煙まで吐き始めて最後には爆発なんてしたりします。爆発寸前までハイスピードで疾走するクルマってどんなんだよ。

ということで、結構面白いゲームだと思います。EU版を購入した方はおそらく開封してあれこれ試してみたと思いますがUS版を購入した方は封も開けないで放置している方もいると思います。
せっかく購入したゲームですから是非一度遊んでみてください。

…それでもUS版ではやる気が起きないという方に、スペシャルメニューを用意しました。


YouTube

YouTubeのパーツ

検証用セーブデータ → http://www.megaupload.com/?d=Q6ZALVUT

長〜い名前を入れても何も起きなかったんですが、EU版のセーブデータを解析してUS版に移植してみました。そのせいか、EU版とはフリーズの仕方が異なっています。

…ま、それだけなんですけどね。


PS3のHDD 復号化完了…らしい

DemonHades.Orgで、PS3HDDの復号化に成功したと公表していました。【記事

いつものように一旦Google先生に英訳してもらってお伝えします。


Conseguido Descifrar el HDD de Play3
プレイステーション3のHDD復号化に成功
PS3復号化に成功

Aun no puedo comentar nada mas,pero senores el grupo de DemonHades.Org hemos conseguido descifrar el HDD de Playstation3.
詳しくはコメントできませんが、DemonHades.Orgのチームがプレイステーション3のHDDの復号化に成功いたしました。


昨年秋あたりにPS3暗号化の解読に関して多少の動きがありました。
それがついに結実したのかどうかは定かではありませんが、上の解読した証拠のような画像を見ると期待をせずにはいられません。
復号化成功が即PS3のCFW化などというわけではないでしょうが、また情報を待つ楽しみが増えたのは確かです。

[3/1追記]
どうもFAKEだったようです。QJが伝えていました。それっぽい画像だったので騙されましたね。【記事


The files are real, but they were dumped from a TEST PS3 (old news), from its /dev_flash (Thanks NDT!) folder which is 100% accessable with a TEST.
ファイルは本物です。が過去に報じたTEST PS3のdev_flashフォルダにあるファイルです。もとから100%アクセス可能なファイルです。


ということでPS3は全然進展がないですね。

進展してほしい〜