DSiをクラックしたAcekard2i、任天堂はファームアップデートで起動を阻止できるか?





先程Acekard2iがDSiをクラックして販売に漕ぎ着けたニュースをお伝えしましたが【記事】早速あちこちで報じられて大騒ぎになっています。

そんな中Engadget日本版で、任天堂のDSiファームアップデートによるマジコン潰しの可能性に言及した記事が掲載されていました。【記事


ニンテンドーDSiのクラック成功、フラッシュカートリッジAcekard 2i 登場

Acekard2i

エンターブレイン調べによれば発売1か月で50万台以上を販売と好調なニンテンドーDSi にもやっぱり来るものは来ます。ニンテンドーDS用のフラッシュカートリッジで有名なAcekardチームが発表したのは、DS / DS Liteに加えてDSi にも対応するAcekard 2i。

従来品と同じくDSカードサイズにmicroSDスロットを備え、カードに転送した様々な形式の音楽や動画の再生、任天堂とライセンス契約を結んでいないいわゆる自家製 / homebrew ソフトの起動、市販ゲームセーブファイルのmicoSDへのセーブ、およびおおっぴらに宣伝はしていないものの市販ゲーム「バックアップ」の起動が可能になります。

つまりは任天堂が商業ゲームパブリッシャー数十社と組んで撲滅を目指しているいわゆる「マジコン」製品です。発売後数日でハック手法の存在が報告されたときは実証コードの作者みずから「マジコン流行は嫌だしなー」と公開していませんでしたが、商売でやっているフラッシュカートリッジ開発者はあっさり見つけて製品に実装してしまったようです。Acekardチームによれば、Acekard 2iの発売は「まもなく」。ただしDSiはWiiのように本体ファームウェアアップデートを容易におこなえる仕様となっており、ソフトウェア的な対策とのいたちごっこには持って行けるかもしれません。

以下はYoutubeのAcekard2iデモ動画です。
YouTube
YouTubeのパーツ

そういえば忘れていました。DSiはファームアップデートが可能な仕様でした。
互いにファーム更新でイタチごっこなら傍観者としては楽しそうですが、ハードまで変えないといけない対策を施されるのはユーザーとしては辛いですね。
任天堂の出方を待って様子を見た方がいいのかもしれません。


Reply

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です