DSiのソフトウェアにリージョン制限

新型NintendoDSiはリージョン制限あり〜海外版ソフトは起動不可

maxconsoleが、新型NintendoDSiについてリージョン(地域)制限があると伝えていました。つまり、海外向けのソフトウェアは日本版のDSiでは遊べないということです。

Nintendo confirms DSi software will be region locked
 任天堂はDSiのソフトウェアにリージョン制限をかけることを決定しました。

Nintendo has told Future Publishing that the DSi Software is region locked and this relates to both downloadable games as well as future DSi only cartridge based games. However original DS software is region free and will be playable on any region DSi.
 任天堂は今後発表するDSi用のソフトウェアにリージョン制限を設けることにしました。これはダウンロード販売をするニンテンドーDSiウェアだけでなく今後発売するDSi専用カードリッジのソフトウェアにも適用されます。これまでに発売したDSのソフトウェアについては現状のままリージョンフリーとし、どの国で発売されたDSiでもプレイすることができます。

DSi専用ソフトって、カメラを使ったゲームとか、DSiウェアのことだと思っていましたが、どうやらそれだけではないようです。

ハチロク(あ、頭文字Dより前の頃ですよ)や刀世代のまもすけの好みのゲームは実は車やモーターサイクルのレースゲーム系だったりします。日本ではあまり発売されていないんですよね。

Ridge Racer DS
も未だに日本未発売の北米版のみです。DS版は昔ゲームセンターで大金つぎ込んでたころのイメージのままですが、結構やりこみました。海外版に惹かれるタイトルが多いのにそれがプレイできないのはゲーム界にとっても大きな損失だと思います。言語の壁はありますが、ゲームに壁はないと思います。面白いゲームはどこの国でも面白いんです。Wiiにはリージョン制限がありますが、DSにはなかった、それが利点だったのに・・・残念です。

穿った見方ですが、新型DSiのこういった対応はハッキング対策の一環?なのでしょうか。

いずれにしても北米版DSiなんかが高値で取引されることになってしまうでしょう。輸入する業者はあまりいないでしょうから、そこにまもすけのような海外版ゲームやりたい病患者が殺到して値段が上がるという、需要過多のバランスが崩れた市場になってしまいます。

本当に残念なニュースです。



シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする