PSPの無線LAN不調





手塩にかけたクリア外装のPSP-1000ですが、無線LANが急に不調になりました。
今日は日曜だし、少し直してみますか。

WLAN不調のPSP

無線LAN不調のPSPです。アナログパッドまでクリアなのがおちゃめです。

WLANは検出する

検索すると無線LANは検出します。とても壊れているとは思えません。

接続エラー

しかし、接続テストですでに繋がらないようです。
つい先日までは問題なかったんですが。

ここで思い当たる節が…
実はこのPSP、一度無線LANユニット基板を交換してます。
TA-079基板にTA-082基板についていた無線LAN基板をドッキングしています。
ひょっとしていままで使えていたのが偶然では…というほのかな期待が頭をよぎります。
本来は無線LAN基板を入れ替えたら本体flashに書き込まれているMACアドレスと、無線LAN基板に割り当てられているMACアドレスが当然異なるため不具合が出るそうです。不具合はアドホック通信のみだったと記憶してます。実際インフラストラクチャは問題ありませんでした。

こういった、無線LAN基板交換時にMACアドレスを修正するにはMacFixerを使います。

MacFixerをダウンロードして解凍すると以下のMS_ROOT以下のフォルダ構成になっているのが分かります。PSPフォルダ以降をメモリーステュックのルートに置きます。
まもすけは既に使っているメモリースティックしか手持ちがなかったのでGAMEフォルダの中へMacFixerフォルダをそのままコピーしました。

コピーするとメモリースティックでは以下のような構成になります。
MS_ROOT/
    └ PSP/
        └ GAME
        └MacFixer/
            ├ EBOOT.PBP
            └ idstorage.prx
  

注意点は、GAME150フォルダではなくGAMEフォルダに入れるため、ファームウェアの基本カーネルを3.XXにしなければなりません。
一度電源を落とし、Rボタン押しっぱなしでPSPを起動してリカバリーモードへ入り、カーネルを確認します。調べたら3.90でした。

ここまでやって気がつきましたが、nandを念のためバックアップするのを忘れてました。慌ててパンドラを使い、nandのバックアップを取りました。これは万が一brick(電源ランプは点くがそれ以上起動しない)したときに元に戻すための保険ですね。

さて、次にメモリースティックをPSPに刺して通常と同じように電源を入れます。XMB画面が立ち上がります。

XMBからMacFixerを起動する

すると「ゲーム」の中にMacFixerが現れます。MacFixerを起動します。

WLAN基板にあわせて修正された

何やら文字が出てます。意訳すると「修正完了」というところしょうか。

しかし問題発生。
終了後自動でXMBに戻るはずが戻りません。ずっと修正完了表示のままです。
仕方がないのでHOMEボタンでアプリケーションを終了しました。

さて、その結果どうなったかというと

修正前MACアドレス

Macfix適用前です。

MacFixer適用後

MacFixer適用後です。MACアドレスが変わっているのが分かりますね。

さて、実はこれで万事解決かというとそうではなくMacアドレス変更しても接続エラーが出て繋がりません。変わってないぞ、がっくし。

ということでほのかな期待は裏切られました。
完全に動作不良です。
今度時間があるときに無線LANユニットを交換するか。
あれ、ほとんど全バラしないと交換できないんだよね…


  1. 飛鳥’s avatar

    SECRET: 0
    PASS:
    がんばりましたね!僕もやってみたいと思いました。

  2. まも助’s avatar

    SECRET: 0
    PASS:
    >飛鳥さん

    この記事は1年半前の話なんですが、実は未だに動作不良のままです。
    このPSPは4個イチみたいな部品有り合わせのPSPですが(すべてジャンクパーツ取りした部品で、マザーボード、無線LANボード、液晶、UMDはすべて他から持ってきたもの)、PSNで認証しようとしたらたぶんマザーボードの元オーナーがすでに認証していたらしく、不可でした。

    はっきり言って、ちゃんとした中古を買った方が幸せになれます。

Reply

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です