2008年12月17日

You are currently browsing the daily archive for 2008年12月17日.

Xbox360のディスク削り問題、MSは発生率を乱暴な統計で1%にも満たないと推定




MAXCONSOLEで、裁判沙汰にもなっているXbox360のディスク回転中に本体を動かすと内部でディスクが削れてしまうことがあるという問題に対し、クレームが来た数=発生率に置き換え反論してきたことを伝えていました。【記事

MS: Scratched discs affect less than 1 percent of Xbox 360’s
マイクロソフト:ディスクが削れてしまうのはXbox360の1%以下

An MS Spokesperson has told EDGE that scratched discs only affect LESS than 1% of the total Xbox 360 user base. The spokesperson went onto add that too much movement of any game console can cause scratches on a disc, and it isn’t just the Xbox 360 that is susceptible to this.
マイクロソフトのスポークスマンはEDGEに対し、問題になっているXbox360のディスク削り問題が発生しているのは全ユーザー中の1%にも満たないと語りました。

quote:
引用文

While we have had some users contact us with concerns about scratched discs, it is much less than 1 percent of the total Xbox 360 user base,” a Microsoft spokesperson told Edge in a statement.
ディスクが削れたというユーザーが連絡してきたが、Xbox360総数の1%より遥かに少ない数だ、とマイクロソフトのスポークスマンはEDGEに対して語りました。

The rep continued, Xbox 360 is designed so that it will not damage a Game Disc as long as the console is not moved while the disc is spinning. Too much movement of any game console, not just Xbox 360, can cause scratches on a disc.”
その報告ではさらに、Xbox360はディスク回転中に機械を動かしたりしない限りゲームディスクにキズがつかないよう設計されていると続いていました。Xbox360に限らずゲーム機はすべて、想定外に動かすとディスクにキズができる可能性があるとのことです。

1%という数字は製品の不良率としてはかなり多いと思うんですが。
しかも直接クレームを言ってきた数に、泣き寝入りしてる数を足さないといけません。
クレーム数だけで微々たるものというならばちょっと論法が乱暴です。
そもそもマイクロソフトは発生の可能性をわかっていながら利益を優先するため対策をせず、故意に責任をユーザーに押し付ける方策を取っていた可能性があるのです。【記事

ディスク回転中に動かすとキズがつくなら他のゲーム機でももっと問題になってますし、ノートPCに至っては持ち歩き厳禁になってしまいます。

巨大企業のマイクロソフトですから、企業規模に比例した企業責任を持ってもらいたいものです。

MAXCONSOLEで、出るかも?と言われ続けている次期PSP2についての情報が掲載されていました。新たな情報かと思いきや、それほどのインパクトはありません。【記事

PSP 4000 due in late 2009? Devs already working on PSP 2 games?
PSP-4000が2009年後半に?ゲーム開発はすでにPSP2用?

According to a European gaming website, Sony plans to release a PSP 4000 model in late 2009 and launch the real PSP2 ‘later’. Developers are also reportedly already at work on PSP 2 games.
あるヨーロッパのゲームサイトによると、ソニーには2009年にPSP-4000モデルを出した’そのあと’本当のPSP2を出すという計画があるそうです。ゲーム開発は既にPSP2に移っている模様です。

quote:
引用文

Sony plans to refresh the PlayStation Portable product line with a PSP-4000 model in late 2009 and launch a true successor – a PSP2, if you like – later.
ソニーは2009年後半にプレイステーションポータブルをPSP-4000に一新、後に真打ちPSP2登場かも。

Publishing sources, speaking to Eurogamer, were unable to provide any further detail on next year’s update, which will presumably follow this year’s PSP-3000 in taking an iterative approach. The PSP-3000 launched this October and followed a 2000-series model, the first Slim & Lite, in September 2007.
情報元によると、来年については詳しい情報は言えないが、おそらく今年のPSP-3000のような流れになるでしょう。PSP-3000は今年10月に発売され、2007年9月に発売された2000モデルを引き継いでいます。

Even fewer details were available on the PSP successor, but we’re told that developers are already working on games.
情報は少ないですがゲーム開発はすでに進行中らしいです。

Sony has not ruled out either scenario, despite SCEE president David Reeves’ assertion in MCV last week that “there are currently no plans for a PSP2”. “I go to Tokyo quite a lot and no one has referred to it – I think they have their hands full at the moment,” he said, non-committally.
SCEEのDavid Reeves社長が先週「PSP2(次世代PSP)について、現時点で進行中の計画は何もない」「東京本社へは何度も足を運んだがそういった話は何も聞いていない。今は他にやることがあり手一杯なんですよ。」と曖昧ではありますが否定発言しましたが、ゲーム開発中の情報と社長の発言、両シナリオをソニーは排除していません。

元記事のタイトルに?マークが乱立していることからも分かるように、良くわからない情報です。あくまでも推測に基づいた憶測の域を出ていないとしか思えません。
ただ、何をもってしてPSP2と言うかの定義の問題ですが、ニンテンドーDSiのように専用ソフトが存在する時点でDSのマイナーチェンジ版ではなく別物の下位互換を持った新型と考えられるのと同様、専用ソフトが存在しそれが新型PSP2だと仮定すれば市場投入の可能性は大いにあると思います。
単にどうやってコンシューマーに宣伝するかの違いです。
だとすれば先の社長の発言も開発者の発言もつじつまが合うと思うのですが。

Vanilla Vague
『★1円から 限定1台!★新品! 新型 PS3 プレイステーション3 80GB <プレステ3> すぐに遊べるデュアルショックコントローラー付!セラミックホワイト 【1円スタート】』
45,000円で落札されていました。(入札件数:232)

ちゃんとオークションサイトの中に定価39,980円と記載してありますよ。ひょっとしてグランツーリスモがタダでついてくるのを勘違い?

過去のゲーム機スーパーオークションの落札相場情報はゲーム機ごとにカテゴリ分けしてあります。落札するためには過去の相場を知る事が重要です。

現在開催中のクローズドオークション
楽天懸賞市場でゲーム機多数出品中

MAXCONSOLEで、今までの常識を打ち破りゲームをするためにゲームを家に置いて外に出るという初めてのゲームを任天堂が発売することを伝えていました。【記事

ちなみに日本ではすでに発売済みの人気ゲーム、「歩いてわかる 生活リズムDS」のことです。

Nintendo creates first game that encourages you to leave house
任天堂はゲームとしては初めて、外出する気にさせるゲームを作りました。

Nintendo is set to release a new game for the DS which encourages players to actually get out of the house. ‘Walk with me’ will be released during Feburary in Europe and comes with two pedometers which monitor how much activity the game player does.
ニンテンドーはプレーヤーに実際に家の外に出ることを推奨する新しいゲームを発売します。「一緒に歩こ」(日本では「歩いてわかる 生活リズムDS」)はヨーロッパで2月に発売予定で、プレーヤーがどれだけ歩いたかが分かる歩数計が2個同梱されています。

メタボ診断で運動しろせめて歩け、さもなくば死期が早まると医者に脅迫されたまもすけに発売時大人買い即決させた凄いゲームです。しかも今は家族4人全員リズム計持ちで毎晩シンクロ(同時に歩いた時間があると「シンクロ!」とMiiが叫んで万歳する)してます。

生活リズム計DS_シンクロ画面家族そろってシンクロしたときの快感といったら…
もちろん家族総出でこのゲームを楽しむには人数分のリズム計が必要になります。
我が家ではリズム計の事を「万歩計」と呼んでます。(そのまんまじゃん!)
夫婦で「シンクロ」しているのを見た子供が一緒にやりたい万歩計欲しいと言い出したため家族総出になりました。

おかげで最近は少しでも多く歩こうと努力するようになりました。
ひとつ先の駅から電車に乗るとか、階段を使うようになったとか。


一番の魅力は「わざわざ万歩計持って歩いている」感覚が全くない事です。ごく自然に取り組める不思議な魅力があります。
もちろんゲームしている感覚もありません。

生活リズム計DSリズム計はキーと一緒に持ち歩こうベルトなどに付けるためのフックも付属していますが、まもすけはストラップを付けて鍵と一緒に持ち歩いています。
鍵は必ず持ち歩くものですし、いつもポケットに入れてあるのでリズム計を持ち歩くには「鍵と一緒に」がぴったりです。

大きさから想像するほど重くなく、むしろ非常に軽いので鍵と一緒に付けても苦痛にはなりません。LR44タイプのボタン電池を使用しますので電池も結構持つようです。
残念なのは、標準でついてくるリズム計の色が白黒で無彩色なことと、オプションのリズム計が白地に緑の単一で色が選べない事です。4人分だと確実に白黒に緑2つとなる訳で、緑は名前でも書かないと誰のものか分からなくなりそうです。

楽天で購入するなら送料込みだとだぶんここが一番安いです。

トイザらス・ベビーザらス【NDSソフト】 歩いてわかる 生活リズムDS 4,999 円
(3,900円以上は送料無料)

生活リズム計単体はこちら

トイザらス・ベビーザらス「生活リズム計」単体 1,799円

[追記]
時間の経過に伴い価格変動や在庫の関係で上記リンク先で購入できない場合は下記のリンクへどうぞ。安い順にリストアップしてあります。ただしリズム計単体とゲーム自体が混ざってます。
メタボな方におすすめ 『歩いてわかる 生活リズムDS』

MiiはWiiとの通信でWiiから引っ張って来れます。
もちろんDS単体で作成も可能です。
なお、生活リズム計とDSとの通信はDS本体とWiFi通信ではなくゲームカードリッジ自体と直接行っているため(赤外か?)バックアップでは起動こそするもののそこから全く進めませんのであしからず。(究極のマジコン対策!?)